サケオ編に入ってはや4スポット目。残るは3スポット+再訪記事のみです。
その次は、タークミャンマー編に移っていく予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

17.11.08

Talat Nam Wat Lampaya / Nakhon Pathom

バンコクの西隣ナコンパトム…というか、バンコクからこのあたりは、そこら中に大小さまざまな水上マーケットがありますが、ここワットラムパヤー水上マーケット(ตลาดน้ำวัดลำพญา)もその中のひとつです。
名前の通り?お寺の中に市場があるようです。
かんばんはタイ語ですが、その上の舟の模型?を見れば一目でそれ、と分かりますよね?
ともかく入ってみましょう。


まあ、特に有名でもなんでもないお寺なので、やっぱり本堂も…
絵はびっちり描かれているようですけどね。


中にも、壁一面に仏陀の生涯が描かれています。
ちょっとだけ、他のお寺のより上手かもしれません。


これは…多分昔は噴水もしくは池だったんでしょうが…
今は昔ってやつですね(意味違うけど)。
2本だけ生えているきのこはまったく意味不明。


こちらの壁には…ハヌマーンでしょうか?
車が邪魔でいい角度で撮影できませんでした…
でも、後ろの壁のレリーフも結構力入っていますね。


つ~ことで、なんとかお寺ゾーンを抜け、ようやく水上マーケットゾーンへ。
こんな感じで、下手なバンコク近郊の水上マーケットより、よっぽど流行っているようです。
タイ人にですけど。
食べ物屋台がメインのようで、特に今私が立っている所はまだ陸地なんですが、水面のその先のフロート部は、タイ人大好きな水上タイプのレストラン?がずらーっと並んでいます。


そんな食べ物屋のわきでもしっかりナマズタンブーンが出来ます。
…って、こんなの見に来たんじゃないやい!


本当はこの骸骨チャリを見たかったんです!
Wat Pa Lak Roy / Nakhon Ratchasimaなど、地獄寺には欠かせないコイツがいるなら、このお寺にもきっと地獄があるに違いない!
ということで来たのですが…残念ながらコイツ1人だけのようです…
何でこんなところにコイツがあるのかはまったくもって謎ですが、とりあえず結構新しそうです。


とはいえ、ところどころに怪しい置物を忍ばせて驚かせる、憎いテクニックをちりばめているので、それなりに…
ってか何でしょう、これ…
一応女性の裸体像のようですが…かなり不気味です…


ちなみに雨期なんで、かなり水位もヤバ目のようですね。


Oct./'08
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
個人的には期待がでかかっただけに残念なところですが…骸骨君。
ここの市場は食い物(素材ではなく屋台食堂系)中心なので、グルメな方には意外にいいかもしれません。
お寺としては…ちと寂しいですね~
実際タイ人いっぱい来ていましたが、お寺でタンブーンしている人はほぼ皆無(写真の人だけ)という有様でした。
ちなみにこの河沿いは、他にもいくつか小さい水上マーケットがある(もち、お寺に併設)ようですが、へぼへぼなのでUPする気にもなりませんでした。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
13° 57'30.88" N
100° 12'12.45" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: