ノンブアウドン旅行編、全13か所の予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

26.11.08

Wat Klang Pak Kran / Ayutthaya

アユタヤ島の西側、有名?なワットチャイワッタナーラーム(有名すぎるのでこのBlogでは紹介していません)を、さらに河沿いに下ったところにある、このワットクラーンパーククラーン(วัดกลางปากกราน)。
もちろん?有名でもない(はず)です…なんせなんとなくプラッと寄っただけですから。
昔は結構気になった、門にいるヤックも今では当たり前ということも分かってきましたしね。


境内の池には、何故か釣りをしているおっさんの像が釣り糸たらしています…泥棒ひげ生やしていますし。
おまけに、ミニチュア水上マーケットのつもりなんでしょうか…
3頭身の人が舟に乗って物売ってます。


でも、とにかく目に付くのはこれ。
モノ自体は良く見るお坊さんご一行の様子と思われるのですが…
タンブーンすると、動き出すんです…線路がぐるっと一周していて、そこをぐるぐると。


別の角度から。
こうしてみると結構な団体様ということが分かります。


お寺の一番奥には、多分お魚タンブーン場所と思われるところがあります。
しかし、人もいないし餌も売っていないので何もすることが出来ません。
何故か中央に、またまた釣りをしているおっさんの像が陣取っています。
しかも糸水に届いていないし…


さて、礼拝堂は先のお坊さんご一行の建物の上のようですが…
階段の脇に、定員4名?のリフトがあります。
ご丁寧に日よけの傘まで備わっているのですが、残念ながら稼動していないようです。
しかたないので自分の足で上に行くことにしましょう。


中の様子は…こんな感じにいろいろな仏陀やお面などが雑然と並べられています。
壁一面には入滅の様子の絵もかかれています。
が、よく分からないのが、ちょうど写真中央付近に、どこかの仏塔らしい絵が飾ってあります。
このお寺にはまともな仏塔がないんで、絵を飾って我慢…ってヤツでしょうか?


さて、実はこのお寺はもうひとつまともなお堂があります。
みんなこちらに来ないので、私も先に上のところに行ったのですが…
せっかくなんで進入してみましょう。


中は…仏像はそんなに大きくないですが、床、天井とも木で出来ています。
どうもこっちが昔ながらのお堂のようですね…結構古そうです。


壁を見ると、こんな感じでかなりヤバそうな亀裂など入っています。


が、壁の絵ひとつとっても、古そうですね。
というか、修復してやってくれ~
それとも別に貴重でもなんでもないんでしょうかね?


おまけ…
境内のビオトープのカーラ様。


Oct.'/08
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
たいしたことないといえば、まったくたいしたことないです。
でも、ぐるぐるお坊さん大行列とか、謎のリフトとか、境内いたるところにこそこそ隠れているコンクリ像とか、なんか隠れキャラ見つけるみたいです。
まあ、どっちにしろここだけを目指してくるようなところでもないし、ここに来るぐらいならアユタヤにはいくらでも他に行くところがあるでしょう…

Google earth 座標(分かるやつだけね)
14° 20'13.76" N
100° 32'51.04" E


View 変スポ in a larger map

6 件のコメント:

Cougue さんのコメント...

マレーンポー様、ご無沙汰しております。

ぐるぐるお坊さん大行列を見てこの寺に惚れてしまいました(笑)

来月、スパンブリやアユタヤ等で珍寺巡りをしてきますが
その時ここも行ってみたいと思います。

毎度の質問で申し訳ないのですが
アユタヤ中心地からこの寺まで
モタサイを使ったらどの位時間がかかるのでしょうか?

あと運転手さんに当サイトの写真や掲載されている地図等を見せれば理解してもらえるでしょうか?

アユタヤはワットガイ、ワットバーンノムコー、お坊さん像、そしてこの寺は何が何でも見てみたいです。

マレーンポー さんのコメント...

Cougue様
むむむ…
紹介しておいてなんですが、過剰な期待をされると、がっかりしますよ。
見所?は、古さのわからない本堂と、ぐるぐるお坊さんご一行ぐらいです。
道自体は、有名なワットチャイワッタナーラームを、そのまま通り過ぎてまっすぐ行けば、自動的に着きます。
(右に90度まがるところの、丁度正面辺り)
モトサイの運転手に通じるかどうかは、あまり有名ではなさそうなので微妙ですが、地図を頼りに誘導すれば何とかなると思います。
(お寺の名前のタイ語表記が一番重要です。分からなくても、運転手がソレを地元民に見せながら聞けば、いずれ到着しますんで)
距離は…
そんなに遠くはないのですが、アユタヤ島の中は、結構渋滞と信号とで時間がかかります。
とはいえ、脳内シミュレーション(自分でバイクを運転したと仮定して)では、10~15分もあれば着くと思います。

Cougue さんのコメント...

マレーンポー様

いつもご丁寧にお返事いただきありがとうございます。

私はメジャーな観光地よりもこの様なマイナーB級スポットの方が好きなので絶対に楽しめる自信があります(笑)

ワットチャイワッタナーラームは地○の歩き方に紹介されているので、そこまで行ってモトサイの運転手に探してもらえば簡単に到着するかも知れませんね。

確かにタイ語表記が一番重要ですよね。

私はタイ語表記の読み書きが出来ないので、ガイドブックに記載されていない珍寺巡りをするときは必ず、空港や観光案内所でローマ字をタイ語表記で書いてもらったりします。

タイ語表記を見せると拍子抜けするほど簡単に珍寺に到着する事が多々ありました。

マレーンポー さんのコメント...

Cougue様
そうなんです。
個人的な経験則でいいますと、タイ人でも、外国人と普段から接しているごく一部の人たち以外は、バンコクの人でも英語さっぱりです。
ましてや、観光地のアユタヤでも、本当のローカルとなると、本当に、正しい英語表記を見せても、????って感じです。
え、それのタイ語表記をみせると、カオチャイカオチャイ!…
というのを、どれだけ経験したことか…

Cougue さんのコメント...

この寺もタイ語表記を見せただけで、運ちゃんが一発で理解して簡単に行けました。

ぐるぐるお坊さんご一行は本当素晴らしかったです。
それにこの寺は予想以上に大きく見所も豊富で
私はかなり気に入りました。

個人的には★を4つあげたいです。

マレーンポー さんのコメント...

Cougue様
意外に?有名なんでしょうかね~
作りかけの礼拝堂もだいぶ完成してきたみたいですが…
新しいアトラクションでも出来ましたかね?