チェンライパヤオ編も、パヤオ湖の島のお寺で、全22か所のうちの半分過ぎました。
&明日から月末まで日本に一時帰国しているので、ブログの更新は一時中断になります。
再開は…たぶん30日ぐらいからなので、少しお待ちください。

そのあとは、間にバンコク1ヶ所挟んで、パガン、サムイ島編と続く予定です。
パガン、サムイ島編で2017年4月なので、だいぶ現実に追いすがってきましたよ。
ただ…記事を作る方が追い付かなくなってきたよ…
そのうち失速しそうです。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

11.11.08

Wat Bot / Pathumthani

アユタヤ方面から9号線を西に向かって、ちょうどチャオプラヤー河を渡ったあたりにある、このワットボット(วัดโบสถ์)。
もちろん有名なお寺、というわけでもなく、とあるものが気になったので、ふらっと寄ってみただけなんです。
お寺自体は比較的新しいようで、こんな感じにこぎれいに整備されています。


上記の広場?中央奥には…仏陀でしょうか?
片膝立てています。
金箔の貼られ方も結構ばらついているようで…このあたりの人は、どうも足が悪い人が多いのでしょうかね?


すぐ横にはタンブーンポイントも備わっています。
ここの大仏?自体は見ての通りたいしたサイズではないです。


微妙なガネーシャ…(多分)。
でも、ここのメインはこんなものではないんです。


どんっ!
ということで、不自然に突き抜けてお座りになっているこのお方こそ、かの高僧ルアンポートーです。
って知りませんよね?私も知りません。
ともかく、見ての通りで、周りに大きな建物がない(あって2階建てぐらい)ので、余計に突き抜けています。


正面はこんな感じ。
足元にお祈り中の人が写っていますが、土台抜きでも20mは下らなそうです。
こんなのが橋の上から見えたら、皆さん気になりますよね??


このお寺にも、一応お堂もありますよ。
開いてませんが。


Oct./'08
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
まあ、このお坊さんの巨大像が唯一最大?の売りでしょう。
デカイモノ好きにはたまらない物件ですが、そうでない人にはただの新しいお寺でしょう…多分。
ちなみにGoogleEarthの写真には、お寺自体は写っていますが、この巨大高僧と周りの回廊は写っていませんでした…
つまりここ数年のうちに作られたって事でしょう、きっと。
立地的には河の脇にあるのですが、何故か河タンブーンは行われていないようです。
(河の側にいくつか屋台はありましたが、全部人間様のおまんまでした)

Google earth 座標(分かるやつだけね)
14° 06'50.67" N
100° 32'28.83" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: