ということで、記念すべき?800回目は、チェンダオの地獄寺です。
ご堪能ください。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

19.10.09

Wat Kok Mai Deng (Mo) / Phitsanulok

ピサヌロークを上下に貫いている幹線道路、国道11号線。
基本何にもない、のどかな風景のこの道路の脇にひっそりと、お寺が建っています。
名前はワットコックマイデーン(モー)(วัดกกไม้แดง(ม))と言うようです。
もちろん(モー)の意味はさっぱり分かりませんけど実際にタイ語でそう書いてあります。


内部は周りののどかな風景をぶち壊すかのような、サイケなデザインの建物が目に入ります。
これは…良く分かりませんが倉庫っぽいですね。
上の写真にも写っていますが、こんなのがいきなり目に飛び込むとびっくりしますよ。


こっちは講堂のようですが…
水色にこだわりでもあるのでしょうか…


でもなぜか本堂はいたって普通…だし開いてないし…
軽くスルーしましょう。


反対側はなんか公園っぽくなっていますが…
やはり赤と水色の極彩色ペイントは健在なようです。
題材は仏陀なんですけど…


こちらは弥勒さまでしょうか…
優しそうな顔して、ガメツく金を溜め込んでいる模様。


弥勒様の正面に広がるのは、動物エリアのようですね。
塗りは手抜きなのか、ほとんど単色か2色までのようですが、逆に下手に色つけられるよりいいかもしれません。


動物ゾーンを抜けると、コブラ池(欄干がコブラなんですよ。良く見てください)があります。
何故か休憩所はきのこ型。
きのこから傘を連想するのは万国共通なんでしょうか…
で、ここを抜けると…


本命登場(って、入る前から見えるほど大きいですけど)。
ざっと30mぐらいありますかね?
メンテ中なのか木のやぐらが邪魔ですけど、大きさは隠しようもありませんね。


ご尊顔。
…先生!良く見えませ~ん。
良く見ると、三角枕のところにトンネルがあるじゃないですか。
中に入れるのでしょうか…


と思ったら、本当にトンネルでした。


ってことで、くぐって奥に行ってみましたが、何にもありません。
せっかくなのでぐるっと回って、足の裏側の角度から写真撮ってみました。


ついでにちょっと前方側から…
でっかくて、もう後ろは民家ですよ…
もうちょっと観察することも考えて作って欲しいところです。


Sep'/09
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
なかなか楽しい物件ではありますが、もう一押しできるだけの売りがないのが残念です。
涅槃仏はまあまあなんですけど、サイズももう少し大きいとアピール度も高いんですけどね。
とはいえ、プレーやナーンから帰ってくる時の車窓から見つけられるぐらいは目立ってますけど。
(実際にそうやって知りました)

16° 44'57.79" N
100° 25'53.33" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: