実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっています。
なので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

11.9.09

Prasat Non Ku / Nakhon Ratchasima

プラーサートムアンケークのすぐ南(300mぐらいでしょうか…)にも、やっぱりクメール遺跡があるんです。
名前を、プラーサートノーンクー(ปราสาทโนนกู่)という、やはり1000年前の遺跡のようです。


先の2つに比べ、規模はかなり小さいようで、しかも回廊部は基礎…もほとんどない状態なので、まともに残っているのは中央の一番高い鳥居…じゃなくて、入り口の枠部のある部分と、その手前のクー…でしょうか…のみのようです。


とりあえず手前のところに登ってみました。
土台とわずかな柱の砂岩が、多分当時のパーツの残骸かと思われますが、装飾等完全に消えてしまっています。
さすがにレンガは新しく見えますが…さて?


こっちが中央部。
こちらは土台から砂岩で積まれていて、後から修復したとは思いますが、石の積み方の曲線とかが、なんとなく当時を感じさせます。
しかもさきの2つの遺跡と違い高さがあるので、ちょっとイメージが違って見えますね。


登頂してみました。
やはり砂岩の中身はレンガでした…
入り口の枠の奥に、やはりヨニが祭られている…という構造のようです。
やっぱりシヴァ神(=リンガ)を祭っていたのでしょうか…


Jul'/09
評価
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
寸評
さすがに少し飽きてきた…じゃなくって、さすがにある程度プラーンが残っているか、なんらか当時の装飾等が残っているかしないと、ちょっと寂しいですね。
(それでも砂岩部が残っているだけマシかな?)
多分発見当時は本当に残骸のみだったのを、ここまで(無理やり?)復元してみたのだと思います…
が、少なくとも相当クメールフェチな方以外にはとてもお勧めできません。
まあ、この辺りの遺跡を全部ひっくるめて1つの遺跡(群)と思えば…でもたぶん飽きるでしょう。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

14° 54'29.06" N
101° 50'01.11" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: