実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっています。
なので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

22.9.09

Prasat Phakho / Nakhon Ratchasima

さっきのワットナープラタートやワットカオタクルットのある、304号線から、さらに東に1本(15kmぐらいですかね)移動した、224号線沿いに、やっぱりクメール遺跡があるんです。
名前はプラサートパコ(ปราสาทพะโค)と言うようですが…現在野焼き中で煙が霧のようで神秘的??


これが遺跡の全容です。
今回のクメール遺跡(スンネン近辺のヤツね)よりは、まともに残っているように見受けられます。
これだけ砂岩とか残っていると、ちょっとうれしくなりますね。


ということで、まずは手前の部分。
土台から柱から、結構砂岩と装飾が残っていますね。
今までレンガの山のお友達ばかりだったんで、こういうのを見るとうれしくなります。


これが上部。
入り口の上にもまぐさ石とか、しっかり残っています。
屋根まで望むのは酷ってもんでしょうね。


まぐさ石を拡大。
図案はカーラ(タイ名プララーフーオムチャン(พระราหูอมจันทร์))が月を舐めているところでしょうか…
端の方が欠けてしまっているのが残念なところです。
カーラが食べちゃったんでしょうか…

次は奥のヤツです。
さすがに手前の敷石は新しいレンガを並べたんでしょうね…
こっちは先ほどの部分より、装飾が少なめのようです。
その分?ラテライトがむき出しになってたりして、これはこれで朽ち果て具合が感じられていいものですね。


でも、しっかり見れば土台にも窓枠にも壁?にもしっかりと当時の装飾が残っています。
いい感じですよね。


しかも多すぎる?のか、周りに無造作に装飾入りの柱の破片も散乱していたりして…
もったいない。


こっちの木の下のは、プラサートの十字部の先っちょの飾りみたいに見えますね。
ならもっとまじめに修復すればいいのに…


Jul'/09
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
規模は小さいですけど、見ての通り装飾等しっかり残っていて、十分クメール遺跡のすばらしさを感じることが出来るのではないでしょうか?
もちろんピマーイのように入場料も取りませんし(修復に使われるはずなので、別に払いたくないわけではないですよ…)観光客も見当たらないですし、道も簡単ですし言うことありません。
ただ、やはりまわりには何も観光スポット等なさそうなので、普通の方はなかなかここに行く踏ん切りつかないでしょうね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

14° 41'54.68" N
102° 10'25.68" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: