実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっています。
なので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

14.9.09

Prasat Muang Kao / Nakhon Ratchasima

プラーサートノーンクーから、さらに東の方に数km行ったところに、まだまだクメール遺跡があるらしいです。
ああ、ここのようです。
一応奥の方にラテライトが積まれています。
しかし…看板の文字、すでにまともに読めないぐらい色あせちゃってます…


ああ、一応まともな案内板もありました。
ただ、私道っぽいのを奥に進んだところ…
思いっきり民家のまん前だったりしますけど。


ということで、とりあえずバライ(人工貯水池)越しに写真撮ってみました。
木が邪魔ですけど。
ここは当時の施療院だったらしいですね。


ではいつもと趣向を変えて、裏からアタックしてみましょう。
これが裏側からの写真。
塀?の向こう、一番手前のヤツが祠堂とのこと。


で祠堂の正面のゴッツイのが、門のようですね。
門の方が比較的形を維持しているようです。


コイツが門(を祠堂側から映したもの)。


こっちは例のクメール特有の、せり出し構造の屋根の名残が見られます。


こんな感じ。
隙間がまぶしいですね。
しかし…やはり装飾系はみんな壊れたのか、持っていかれたのか…
ともかくまぐさ石ひとつ残っていないようです…残念。


Jul'/09
評価★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
まあ祠堂が形になっているので、当時の面影を感じることは出来るのですが…
やはり砂岩の装飾がないと寂しい限りです。
(近年の修復でラテライトを積みなおしたっぽいし)
とはいえ、規模はちょっとしたもの(少なくとも先のプラーサートノーンクーよりは大きそう)ですし、周りのクメール遺跡ひっくるめれば平均点ぐらいの出来でしょうか…
どちらにしろ、単独で狙っていくほどのところではなさそうです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

14° 54'28.29" N
101° 51'43.21" E


View 変スポ in a larger map

6 件のコメント:

小心者 さんのコメント...

積んである石?に穴があいていますが そこに装飾されていたんでしょうか?いつも 訪問させて貰っています これから チョーマイナーな(失礼ですか?)遺跡のブログ楽しみにしています 

コメント一号 さんのコメント...

そろそろ右上の「ソンクラン」も賞味期限切れでは、、、

ニヤーイ さんのコメント...

お世話になっています。

瓦礫の山からめぼしいのを拾って、積みなおした感じですね。
破片はきれいに捨ててしまったのでしょうか。

マレーンポー さんのコメント...

小心者様
私も詳しくないのですが、どこかのページで、漆喰の喰いつきを良くする為にある…と見たことがあります。
確かに砂岩を使って装飾している遺跡ではあまり見ない気が…
(でも自信ありません)

マレーンポー さんのコメント...

コメント一号様
うう…痛いところを…
気にはしているのですが、普段特にそれようの写真を撮っていないので、載せる写真がないんですよ…
今度の土日でサムイ行ってきますので、その時に適当にネタ…があればいいんですけど。

マレーンポー さんのコメント...

ニヤーイさま
ここの遺跡に限ると、確か破片は周りになかったと思います。
(ちょろっとどこかのパーツはありましたが、破片…ではなく数十キロレベルの代物でした)
やはり修復不可能レベルの瓦礫はただの瓦礫なんでしょうか…