次からは、バンコク近郊のスポットを周ります。
ちょっとした地獄なども出てきますのでお楽しみに。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

28.2.11

Wat Phrathat Hariphunchai / Lamphun

さて、ようやくランプン市街地にやってまいりました。
実は以前もランプン市街に来たことあったんですけど…
チェンライのお寺、ワットプラプッタタサンティパーカーランに行くときに通っただけでした。
ということで、改めて、ランプン市街のど真ん中にある、このお寺に来て見たわけですね。
といっても、これは裏口。
表口に回りましょう。


ということで、こっちが表側。
さすがに参拝客も多いです。
(って写真に写っていませんけど)
お寺の名前はワットプラタートハリプンチャイ(วัดพระธาตุหริภุญชัยวรมหาวิหาร)といいます。


駐車場のすぐ目の前に、いきなりこんなお堂が横たわっています。
って、中身チラ見えしてますね。


ということで涅槃仏が横たわっています。
とはいえ10m以下の小物(失礼)のようです。


さて、気を取り直して、この巨大シンハに囲まれた、白い門が境内への入り口のようですね。


これが中央に陣取っているウィハーン(本堂?)のようです。
なかなかでかいですね~


入り口上には、こんな感じに仏陀の生涯?かなにかの絵が描かれています。
まあ、とやかく言わずに、とりあえず入ってみましょう。


ライティングの妙もありますが、なかなか荘厳な雰囲気でいい感じですね。
柱や天井の装飾も手が込んでいます。


こちらがご本尊様。


壁にはこんな感じに、仏陀の生涯っぽい絵が描かれています。


あれ、微妙に地獄もあるんですね。
地獄ツリーごと燃えちゃって、何がなんだかわかんなくなってますけど。


本堂の横にはこんな感じな、経蔵かな?もあります。
周りのライトから察するに、夜はライトアップされるんでしょうね…


で、本堂裏の仏塔。
お約束の北タイ式ですね。
ここだけ切り取ってみると、ドイステープのと間違えても仕方ないですかね?


ちなみに本堂正面だけでなく、全周の壁に、しっかり仏陀の生涯が描かれています。
この辺は”らしなく眠る妃と侍女”の図から、”自ら髪を切る釈迦”の図辺りの内容っぽいですね。


この辺は”説法デビュー”の図辺りでしょうかね…
これ系の話は、すべて”仏陀の生涯のページに載ってますので、他は、まあこんなところにしておきましょう。


May/'10
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
もちろんランプンどころか、北タイでも有数の名刹…なんだと思います、一般的には。
でも、このブログ的にはちょっと売りが少ないですね。
少なくとも、すごい名刹だと思いつつ、このお寺だけの為に来ると、ちょっと肩透かし食らうかもしれません。
(といっても本堂の中とか見ごたえありますけど)
利点はもちろん、街のど真ん中なので、交通の便も宿泊関係も困らないことでしょう。
とはいえ、チェンマイから1時間程度なんで、まず泊る必要は無いと思いますけど…

Google earth 座標(分かるやつだけね)
  18° 34'38.29" N
  99°00'28.12" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: