次からは、バンコク近郊のスポットを周ります。
ちょっとした地獄なども出てきますのでお楽しみに。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

19.12.11

Wat Chang Rop / Kanphaengphet

さて、ガンペーンペット遺跡の、最奥最後の遺跡は、このワットチャーンロープ(วัดช้างรอบ)です。
名前でも分かるように?スコータイ、シーサッチャナラーイにもあった、象さんチェディの最後の1つです。



ここはこんな感じで、一番手前に、池があって、その後ろにウィハーン、塔と並んだ構造のようです。



確かに、左下のくぼ地?に池が、奥にウィハーン、塔が見えてますね。



まあ、池といっても、こんな感じで水も何にもありません。
ただ、結構深さはあったみたいですけどね。



で、これがウィハーンです。
基礎はしっかりしていますね。



ウィハーン正面から、奥を眺めてみました。
ガンペーンペットに来てから、こんなたくさんの観光客初めて見ましたよ…
あ、温泉では多かったですけどね。



ウィハーンの奥の台座の部分で、タイ人観光客がポーズを決めて写真を撮っています…
が、その足元の丸い物体、まさか御本尊様の一部?
なんて罰当たりな…(実際は何の残骸だかわかりませんけどね)



で、ここのメインが、この象さんチェディです。
確かに象さんらしき物は、ずらっと並んでいるように見えますが…
とりあえず仏塔の形はとどめていませんね。



その象さん自体は、ことごとく鼻も牙も取れちゃって…
ねずみの頭がくっついているみたいに見えます。



拡大。
…牛かな?



で、急な階段を登ると、四角いテラスの上に、釣鐘型の仏塔が現れます。
でも、見てのとおり、上部は崩れてしまっていますけどね。
階段を登って、塔のなか?見られるみたいですね。



ということで、これが塔の中です。
何かがあったんだと思いますが、もう崩れちゃってさっぱり分かりません。
緑の看板は…
アンタラーイ(危ない)だって…
見れば分かりますよ。



せっかくなんで、塔の上から、遺跡全景を…
塔の入り口のゲート、何気に3角形が珍しいですよね。



さて、せっかくなんで、その他大勢の微妙な遺跡もまとめて紹介しちゃいましょう。
1ヶ所目は、ワットペーカラーム(Wat Phekaram/วัดเพการาม )です。
看板はしっかりと作られているんで、少し期待していたんですけど…



このようなシンプルな塀?の奥に仏塔やウィハーン?があるみたいです。



1本だけ立っている柱が痛々しいですね…



こっちはウィハーンでしょうか…
こちらはそれなりに形をとどめているんですけど、まあいっぱい遺跡を見た後では、もう見飽きましたよね?



2ヶ所目は、ワットガムペーンガーム(Wat Kanphaeng Ngam/วัดกำแพงงาม)です。
まあ、こちらも期待しないでください。



ちょっと四角の土台部分が多く、釣鐘部分の少なそうな仏塔がちょっと面白いですが…
小さいですね。



こちらはウィハーンでしょうか…
まあ、特筆すべきところはなさそうです。



こちらは経蔵か何かの跡でしょうか…
とにかく、広い原っぱに、レンガの残骸が点在している…見たいな印象ですね~



Dec/'10
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
さすがにガンペーンペット有数の遺跡です。
象さんチェディは、象さん自体のしょぼさ?を差し引いても、それなりに楽しめます。
ただ、遺跡自体の規模は思ったほど大きくないので、チェディ周り以外はあまりたいしたものが残っていません。
とはいえ、このチェディ、GoogleMapで見ても、この遺跡群のなかで1、2を争うぐらい目立っていますし、ガンペーンペットにきたら、押さえておくべき遺跡でしょうね。
観光客も多かったですし(笑)。
残りの2つは、時間が余っていても、特に寄る必要はないです。
まあ、ガンペーンペット遺跡全ヶ所制覇を目指している人なら、行かざるを得ないとは思いますが…
無名の遺跡、結構多いですよ…河向こうにもいくつもあるみたいですし。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

ワットチャーンロープ
 16° 30'10.84" N
 99°30'34.77" E

ワットペーカラーム
 16° 30'18.83" N
 99°30'49.01" E

ワットガムペーンガーム
 16° 30'13.48" N
 99°30'54.49" E



より大きな地図で 変スポ を表示

2 件のコメント:

朝太郎 さんのコメント...

さすが、★★☆☆☆だけあって、面白そうですね。
牛なのか?象なのか、或いは他か・・・
それと、木の幹の ピンクの腰巻なんでしょ? 虫よけ?

マレーンポー さんのコメント...

朝太郎様
ピンクの腰巻?に興味が行くとは、さすが目の付け所が違いますね。
さすがに虫除けではないと思いますが…
やっぱり精霊信仰の一種なんでしょうかね?