マイマップの仕様が変わり、それぞれの記事に地図を貼る方法が分からないまま2年…
ようやく、貼り付け方わかりましたので、過去にさかのぼって、地図貼り直しました。
これで、少しは場所が分かりやすくなりましたかね?

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

31.10.15

Wat Phrajao Ongdam & Wat Phaya Mangrai in Wiang Kunkam / Chiang Mai

ウィアンクムカーム(เวียงกุมกาม)遺跡2つ目のスポットは、先のワットチェディリアム(クーカムルアン)のすぐ側にある、ワットプラジャオオンダムとワットパヤーマンラーイ(วัดพระเจ้าองค์ดำ、วัดพญามังราย)です。
どうも同じ場所に2つ別々の遺跡があるようですが(看板が2つ同じ方向さしてるし)、どっちがどっちかさっぱりわかりません。


看板のさしている先はこんな感じ。
確かに左右に遺跡が分かれているっぽいです。


とりあえず左手にある遺跡です。
仏塔の面影は残っているものの、ほぼ基礎しか残っていませんね。


一応ウィハーン部はこんな感じです。
申し訳程度に柱の跡がありますが、ほぼツルペタです。
まあ、ツルペタなのは修復の成果だと思いますが…


ウィハーン入り口には、こんなカタツムリみたいなものが並んでいました。
何かのパーツをとりあえず置いただけなんでしょうかね。


で、こっちは入って右手側の遺跡です。
こっちの方がちょっと広いみたいですが、ほぼ基礎なのは大差ないようです。
もはや柱の跡すらない…


隣にも別の基礎があり、さっきのところよりも多少規模の大きなお寺だったらしいことが伺えます。
ただ、それこそ基礎しか残っていないので、それ以上のことはよくわかりません…


これは別の日に行ったときの、仏塔の基礎と思われる部分です。


Apr./'13
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
さすがに基礎しか残っていませんが、やっぱり”遺跡”に来たからには遺跡っぽい雰囲気楽しみたいですよね?
そういう意味では、先ほどのワットチェディリアム(クーカムルアン)よりは雰囲気が感じられます。
インフォメーションセンターからのバスのコースには入っていない程度には無名のようで、他に観光客などは皆無でした。
ただ、内部はそれなりに整備されているようでしたし、散策するには十分かと思います。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 18°45'07.98" N
 98°59'50.97" E


0 件のコメント: