実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

今回の地獄絵寺で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

3.8.08

Ko Loi & Ko Si Chang / Chonburi

コメント1号さんのお勧めもあり、行ってきましたシーチャン島に。
日本人駐在員も数多く住みついている、ここチョンブリ県シラチャー。
ここの沖に、”タイの江ノ島”と呼ばれる場所があります。
ほら…見えてきました。
ここが、そのローイ島です。



まあ、私は江ノ島に行ったことないんでコメントしようがないのですが、ともかくここがシーチャン島への船着き場だそうです。
看板には”スワンサタンナコローイ(สวนสาธารณะเกาะลอย)”…まあ、ローイ島公園というんでしょうか…
このローイ島には、それ以外に中華寺院もあるようですね。



境内にはなぜかカジキ?のモニュメントが…しっかり白人の憩いの場になっています。



微妙な等身の立仏もありますが、その後ろの丘の上がメインのようですね。



登り口のそばには弥勒様も…
何でしょう、この苦虫を噛み潰したような表情は…
まあ、ともかく登ってみましょう。



ここが先にも見えた仏塔のようです。
まあ、サイズ的にも10m以下のかわいらしいものですけどね。



で、こっちがメインのタンブーンスポットのようです。
顔いっぱいありますが、多分ヴィシュヌ神なんでしょう…
(インドも含め、どこもブラフマー神って信仰されていませんよね…)



海岸沿いにはこんな感じで観音様も…
横ではカブトガニの即売会?をやっている所がいかにもタイ…というかシラチャーですね。
知ってますか~?天然記念物ですよ~~(日本では)。



さて、船着場(に見える大きな建物はダミーで、その横の岩壁にいるおっちゃんからチケット購入)から船に乗り込み、シーチャン島(เกาะสีชัง)に行くことにしましょう。
船の上からはさっきの観音様とお堂もよく見えます。



…ってことで、40分ぐらいかけて島に到着。
さっそくサムローのあんちゃんがわんさか集まってきますが、とりあえず250Bで島内一周ツアーを提示した人にお任せしてみましょう。
第1の目的地は中華寺ワットチュターティットタムマサパーラームウォラウィハーン(วัดจุฑาทิศธรรมสภารามวรวิหาร)というようです。
この山寺感がさっそくやる気を失せさせます…登るの?これ…



どうもここは大きく分けて2か所に分かれているようです。
とりあえず、娘娘観音…サーンジャオメークワンイム(ศาลเจ้าแม่กวนอิม)の方に行ってみましょう。



で、これがその娘娘観音…
”娘娘”という、魅惑的な単語に騙されてしまったようです…”娘娘”関係ないじゃん。



壁面には中華寺らしく?西遊記の絵が描かれています。
ちなみにタイの中華寺でもあまり見かけない題材ですね。



娘娘観音から、船着場…さらに向こう側シラチャーの眺め。
シラチャーのすぐ横には、レムチャバン港という工業港があるため、タンカーがひしめき合っています。
ちなみに赤い謎の瓢箪は、焼却場?のようで、中には灰と燃えカスが入っているのみでした。



次は、もう一つの方、歡公頭本石…ジャオポーカオヤイ(เจ้าพ่อเขาใหญ่)に行ってみましょう。
こっちはケーブルカーがあるようで…すが、どうも現在は稼働停止中のようです。
ということで、結局徒歩にて登頂することに。



本堂にある布袋様…親子?な訳はないですが、前後で大小2体並んでいます。



でも、こちらがメインの洞窟?のようです。
まあ、とりあえず入ってみましょう。



内壁を金で塗装された、趣味の悪い?洞窟の奥に怪しげな像が浮かび上がっています…
わかりますか?



これが拡大。
一応壁面を利用して作られたもののようです。
まあ、顔部分は100%人間の手が加わっていると思われますが…せっかくだからもっと上手に作ればいいのに…



さらに横穴?にはハヌマーン…というより孫悟空もいます。
こっちも、やはり壁面から孫悟空本体からすべてコテコテの金色に色を塗られています。
まったく、”クリ○ンのことか~~~!!”みたいな感じですね(悟空違い)。



ってことで、中国寺を後に、次の目的地、ビューポイントへ。
まあ、つまり海を眺めるだけのポイントのようで、別に海に入ることができるとか、そういう場所ではないようです。



こんな感じに遠目で見ると、それなりにきれいなんですが、よく見ると海も汚くゴミも浮いています…



別にこういうところで黄昏る趣味とか持ち合わせていないので、軽くビールを飲んで次の場所へ。
次の場所は、あんちゃんに頼んで追加した、YellowBuddha(って書いてあった)です。
…まあ、確かに言うとおりに、思いっきり黄色です。



近くで見るとこんな感じ。
ざっと10m程度でしょうか?
そんなに大きな島でも町でもないので、こんなん?でも十分大きく見えます。



実際にそばに寄って見上げるとこんな感じ。
やっぱり大きく見えるでしょ?
周りにもポツポツ仏像が並んでいます。



横のお堂?の下には、洞窟入り口らしきものが開いています…
が、ヤバそうなのと、体力的な問題で却下。



横には仙人?ハーミットと書かれていますが…
ともかく、なんかまぬけ?な顔です…宮崎アニメで見たような気が…



大仏の後ろ側にも、じいさんがいます。
こっちはちょっとリアルタッチ。



で、その横にはこんな感じでひっそり洞窟があります。
(あんちゃんに教えてもらわなかったら分かりませんでした)
中はかなり広そうで、蝙蝠が飛びまわっています。
一応降りる梯子もあるんですが…真っ暗ですし止めておきましたよ。



他にもこんなじじいが…ってかここじじいだらけです…
なんか意味あるんでしょうか?



お次は…ラマ5世の離宮跡だそうです。
こんな感じで、もう廃墟?の部分もありますが、一応公園として整備されているようです。



こんな感じで、復元?された建物もいくつかあります。



ここが宮殿跡地のようです。
なんでも、ここはウィマンメークという名前だったそうで…100年ぐらい前にバンコクに移転されたらしい…
まさか、あのウィマンメークでしょうか?



海側にはこんな感じで、桟橋?もあり、確かに離宮っぽい雰囲気があります。
当然、当時はシラチャーあたりもただの小さな漁港で、タンカーなんかなかったでしょうしね。



後ろ側の山には白い仏塔もみえますが…時間の都合上端折ります…(涙)。



ってことで、最後の目的地は、ビーチのようです。
広さはそんなにないですが、こんな感じでいい雰囲気です…海に入らなければね。



もちろん、海の家?もありますので、食べ物、飲み物、トイレにシャワー?と、必要なものはだいたい揃っています。
でも…外洋側でもやっぱりタンカーは行き来するようです…



Jul./'08
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
正直、それぞれの場所単体では、ちょっとお勧めし難いところもありますが、トータルで見ると十分楽しめます。
基本は午前中に観光を済ませ、午後はだらだら浜辺で…という過ごし方が良さそうです。
場合によっては、宿泊施設もあるので、1泊してもいいかもしれません。
(とはいっても最高級リゾートでも1000B以下なので、BKKにあるようなホテルをイメージされると辛いです)
今回はとある都合…というか、島に着いたのが1時近くだったため、落ち着いて観光もできませんでしたが、まだまだ見逃しているスポットもいくつかあるようです。
機会があったらまた行ってみたいですね。

追記

なんか、シーチャン島への行き方を検索して、このページに来る方もいるみたいなので…
シーチャン島への行き方ですが、別にたいしたことはありません。
バンコク東バスターミナル(エカマイですね)から、シラチャー行きのバスに乗ると、シラチャーの中心のロビンソン前で降ろされ?ます。
そこから、ロイ島まで、歩いても1km以内の距離です。
方向はロビンソンの裏の方向…そちらに海がありますので、突き当たったら右手側にロイ島が見えるはずです。
モタサイとかもあります(と思いますがうる覚え)が、歩いていっても、途中日本人向けの通り(お好み焼き屋とかいっぱいあった)があり、海の景色なども楽しめます。
ロイ島に港があり、その先っちょの船着場にいるおっちゃん?からチケットを買って、船に乗り込めばOKです。
側の建物はダミー?です。
(私の行った時は閉まってました)
シーチャン島の波止場に着けば、あとはイヤになるほどサムローが寄ってきますので、あとはより取り見取りです。
一応シーチャン島にも1000B以下の宿泊施設もあるようですが…
その辺りはロンリー○ラネットとかを見てください。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
13° 08'58.61" N
100°49'07.35" E


View 変スポ in a larger map

4 件のコメント:

コメント一号 さんのコメント...

無理強いしてスイマセン!ね。
裏の海岸に映画ロケの遺物があったと思うのですが、もう無いのかな。尼寺も実は在るのですが、、、。

マレーンポー さんのコメント...

もちろん自主的にですよ。
2連休の時なら行けるところはいろいろあるのですが、前日飲み会で…日曜の朝思い立っていける場所ということで取ってあったんですよ…たぶん。
尼寺の情報は知っていたんですが、本文にもあるように、シーチャン島滞在時間が2時間半程度だったんで、今回はそこまで網羅できませんでした…

トゥッ・ムー さんのコメント...

こんにちは
私も今年の初めにシーチャン島に行きました。
中華寺の入り口で食べた焼きイカがうまかったです。

マレーンポー さんのコメント...

トゥッ・ムーさんもシーチャン島行かれたことあるのですか…
私の周りは誰一人行ったことないんですよ、私以外。
やっぱりマイナーなのでしょうか?
中華寺の前のイカ串屋さん、やっぱりいつもあるんですね。
私もあれをつまみつつビールを片手にトゥクトゥク待ちしましたよ。
15分も待たせやがって~