実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

今回の地獄絵寺で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

31.8.08

Si Thep Historical Park / Phetchabun

ペチャブン県南部、シーテープ郡の中心(と言っても超田舎ですが)近くにある、このシーテープ歴史公園(อุทยานประวัติศาสตร์ศรีเทพ)。



やはり場所柄マイナーなのか、ググってもほとんど引っ掛かりません。
引っかかるブログといえば
タイの自然の風景(カオヤイさんのブログ)とか、
旅バンコク(tbbさんのブログ)みたいな、
このブログを覗きに来られるようなコアな方(失礼)のところばかりです。
やはりマイナーなのか、観光客の姿はほとんど見当たりません。
一応英語のパンフもあったんですけどね。
とりあえず先の石畳の先にはこんな感じでプラーンが建っています。



一応まぐさ石も残っているようです。
が、それを支える柱は…ちょっと手抜きなんでしょうか?
まあ、パノムルンやピマーイクラスの修復度を期待するのは酷というものなのでしょうか…
(とは言ってもアンコールワット遺跡群なんかも結構こんな感じだったりしますけどね)



天井もこんな感じでぽっかりと空いちゃっています。



周りを見渡すと、元は結構な広さがあったらしく、いたる所に石の基礎っぽいものが並んでいます。
敷地自体も結構整備されているようで、芝もきれいに刈られていて、サバイサバーイです。



先のプラーンの奥へさらに進むと、もう1基プラーンが建っています。
あれ?こっちにはちょこちょこ観光客(もちろんタイ人)がいます。
隅に見えるオレンジ色の車は公園内専用のバスのようですね。



こちらのプラーンもほとんど原形を留めていないようですね。



どうもこれがもとの姿(予想図)のようです。
まあ、誰も元の形見たわけではないですし…でも本当にこんなのだったとしたら、パノムルンやピマーイに匹敵するプラサート(礼拝堂)だったというわけですね…
そういう先入観を持って見ると、何となくすごく見えてくる…かな?



それでもすぐそばには、元はこのプラサートに装飾されていたであろうと思われる装飾等が展示されています。
こういうのを見ると信じちゃいますね。



ちなみにこれは…修復前のがれきの山…ではありません、れっきとした遺跡です。



Jul./'08
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
まあ、ペチャブンで自然系の景勝地を除くと、他にあまりないですから仕方のないところでしょう。
遺跡公園自体は遺跡の修復度はともかく、なかなかいい感じです。
ただ…行きにくさ等を考慮すると、そうそうお勧めできるようなところではないですね。
ちなみに、このあたりを走っていると、ちょこちょこ筒の上で火が燃えている所があります。
どうも油田みたいですね。
あるんだ、タイにも一応。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
15° 27'58.46" N
101°08'43.17" E


View 変スポ in a larger map

6 件のコメント:

カオヤイ さんのコメント...

こんにちは、カオヤイです。
僕のブログを紹介していただき、
有り難う御座います。
Si Thep遺跡公園は、良い思い出が有りません。
ものすごく暑く、完璧にバテたことだけでした。
運転手兼カメラマンはちょっと疲れ気味、、、

マレーンポー さんのコメント...

カオヤイさん
それは私は中心のプラーンの部分しか行かなかったのに対して、周りに点在する遺跡まで周られたからでしょう。
紹介した理由のひとつが、このブログの内容よりも詳しいからだったりします。
私パンフレットなくしちゃいました。

カオヤイ さんのコメント...

マレーンボーさん、こんばんは。
いえいえ、僕も中心部だけです。
マレーンボーさんの一番最後の写真、
この瓦礫みたいな遺跡にひさしが付いていますよね。
その、庇の下に漆喰が残っていて、
その写真を何枚かアップしただけです。
僕は、パンフレットもらってないです。
中心部以外にも見所有るんでしょうか?

マレーンポー さんのコメント...

本当ですか…
入り口のチケット売り場のおっちゃんが、説明(タイ語で)してくれたのですが、堀の外側1kmぐらいの距離にも2つ…ぐらい同様の遺跡があるそうです。
チケット売り場の中の壁にも地図(確か手描き)があって、大体の場所は書いてあったのですが…
タイ人の描く地図を信じて何度ハマッたことか…ということであきらめたしだいです。

tbb さんのコメント...

私も紹介していただいてありがとうございます。
思い出しましたが、何がどこにあるのかわからず広い敷地をグルグル回ってしまいました。
あの瓦礫の山みたいな所まで行って戻ってくると、アイスクリーム売りのバイクが狙ったように待ち構えていて、ちょうど暑くて死にそうでアイスを食べたんでした。

マレーンポー さんのコメント...

tbbさんこんにちは。
ほんと、ここの道って迷路みたいで、枝分かれに案内が…あったかもしれませんがタイ語でさっぱりわからず、私もぐるぐる適当に回ってなんとか見つけましたよ。
売店とかもまともにないし…たまたまドリンク持っていて助かりました。