今週半ばに、日本に一時帰国します。
来週中旬に戻ってくる予定ですが、今週水曜日の更新を最後に、1週間ほど更新しませんので、ご了承願います。
ツイッターはやってる予定。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

30.3.09

Wat Phrathat Chang Kam Worawihan / Nan

ワットプーミンから見て交差点の斜向かい…東北側に仏塔が見えています。
まあ、見ての通りまだ7時半前…時間も早いのでよってみましょう。


ここはワットプラタートチャーンカムウォラウィハーン(วัดพระธาตุช้างค้ำวรวิหาร)と言うようで、一応先のワットプーミンと並ぶほどの有名なお寺のようです。
一応第3等級の王室仏教寺院だそうです(Wikiより)。


お堂が2つ並んでいるのですが…こっちが本堂でしょうか…??でも結界石ないや…
ともかく中を覗いてみましょう。


真っ赤な内装とピンクっぽいじゅうたんがかなりタイ人の趣味?を反映しているかのようです。
(タイ人の女の子のピンク色好きは日本人には理解できないぐらいひどいです)


ご本尊様は数m程度ですが、わざわざライトアップされているのも手伝ってなかなかいい感じでしょうか…


周りの壁は先の3寺と同様、壁画が描かれて…いたようですが、今はもうぼろぼろで、何が描いてあるのかすら分からないほどです。
修復とかしないんでしょうか…
というか、ロ○プラによるともともと瞑想の邪魔だって言うんで、漆喰で塗り固めてあったのを除去したらしいので、そのときのダメージがそのままなんでしょうね。


こっちは横並びのもうひとつの方です。
こっちも朝早いというのにバンバンに扉が開いています。


中はと言うと…外観から想像するよりずっと幅が狭いかんじですね。
壁は今までと違い真っ白(表面がフラットじゃないんで模様が見えますが…)。
その奥に、ガラス張りの厨子(なんでしょうか)に収められた立仏があります。
どうもこれが有名?な話の、”白人が買って持ち出そうとし、落としたら中から金の仏像が出てきて…結局売らなかった”と言うちょっとさぎっぽい説話のヤツのようです。
(でもロン○ラだとクディに安置してあるって書いてあるけど…これなのかな?)
金とはいえ、多分純度はそんなに高くないんでしょうね…バンコクのワットトライミットもそうですし。
しかし無用心ですよね~


本堂の裏には、表からも見えていた仏塔があります。
北タイ式の仏塔の様式から外れない程度の、無難なデザインです。
ちょっとだけ基部で支えている象さんは気になるところですが…


境内の奥にはちゃんと簡易タンブーン場所も設置されています。
が、どっちにしろ朝早すぎるのか、お寺の人間以外誰もいません…はぁ。


その横の小さいお堂は…ああ!結界み~っけ!
ってことでこれが本堂のようです。
…なんで本堂だけ扉閉まってんだよ~~


Feb./'09
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
歴史のある第3等級の王室仏教寺院で、曰く付きの黄金仏がある…と言う以外は、ごくごく普通のお寺のようです。
上記二つを取ったら、もう個人的にはほとんどお勧めするところがないぐらいですね。
ただ…ともかくワットプーミンのすぐ側なんで、予定に絡めるのはすごく簡単ですけど。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

18° 46'34.74" N
100° 46'19.88" E


View 変スポ in a larger map

6 件のコメント:

コメント一号 さんのコメント...

この寺の裏に広い邸宅があって、そこはかっての支配者の子孫宅でミニ博物館になっているんですよ。そこは結構面白い。今頃言うても遅いでしょうけど。あるいは次回、、いや、地獄はありませんよ。
 黄金佛の話、初耳でした。黄金佛、タイには結構ありますね。

マレーンポー さんのコメント...

はい、もちろん行きませんでした。
知りませんでしたし。
機会あったら行ってみたいですね~キツそうですけど。
タイの黄金仏、昔はアユタヤとかにもあったらしいですけど、みんなカモーイされちゃったんでしょうね。
それでもアユタヤの博物館なんかには、ワットプラマハタートから見つかった黄金仏とか展示してあるらしいですけどね。

コメント一号 さんのコメント...

バンコク郊外のどこかで黄金佛を見ましたが、色が他のメッキ品(?)と違って見えますね。本物ならとっくに盗まれている、と言う人も居るけど。タイに住んでいると、その言葉が真実だと思ったりします。
 ナンの邸宅の持ち主はバンコクのスワンパッカード宮殿と関係あるらしいです。

マレーンポー さんのコメント...

コメント一号さんへ
黄金仏、確かに本物かどうかはともかく、ちらほらありますよね。
本ページでも取り上げている、パトゥムタニの超巨大UFO寺にもありましたし…本物ならすごいんですけどね。
ちなみに私…スワンパッカード宮殿も行ったことないです。
タイに来たころから知ってるんですけど…
もちろんジムトンプソンもアソークのなんとか婦人の家も…
だめだめですね。

コメント一号 さんのコメント...

むしろ凄いです。「アソークの何とか婦人の家」はナンでしょうか?初めて聞くようです。アソークは歩いていけるので、ぜひ行きたいです。たまに結婚式なんかしている所でしょうか。

マレーンポー さんのコメント...

コメント一号様
カムティエン婦人の家です。
13°44'21.33" N 100°33'40.90" Eにあるやつです。
確かタイ北部の民家?を移築したらしく、中は民族博物館&雑貨屋(あと喫茶店もあるのかな?)らしいです。
一応地○の歩き方バンコク版には載っていたと思いますよ。
私はあの辺りあまり歩かないので、結婚式をやっているかどうかは…分かりません。