実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

あと…次のお寺(15日UP)で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

29.4.09

Wat Nong Bua / Nan

ムアンナーン郡の北にある、ターワンパー(Tha Wang Pha)郡。
ここの中のひとつの町のパーターの、さらに奥の小さな集落に、このワットノーンブア(วัดหนองบัว)があります。
もちろんこの派手なのは門ではなく、観光用…でもないのかな?
奥の地図みたいなのは、この辺りの家の区画図のようですし…
ともかく門は奥のじみ~なヤツです。


ああ、これこれ。
昔は彩色されていただろう門とナーガ君も、すでに色あせ水垢もついて、歳月を感じさせます。


こちらが本堂…
他のナーンのお寺とは一線を画している壁の装飾が特徴的です。


いくつもの窓や屋根の隙間!から光を取り込んでいるからか、内部は結構明るいです。
サイズはそんなに大きくないですが、奥に金ぴかの仏陀が、台座の上に座っています。


ご尊顔…ちょっと変わった目をしていますね。


壁には…
だいぶ状態が悪そうですが、結構見事な絵…やはり昔の生活の様子か物語なんでしょうか…が描かれています。


地獄鍋かと思ったら、ただの料理の様子のようです…
やはりここでも、塀の後ろでおばちゃんたちが噂話をしているようです。
いつの時代もゴシップ話は会話の華なんでしょうか…
よく見ると所々にミャンマー語でしょうか…いろいろ文字が書かれています…もちろん意味不明です。


こっちも…
情事の覗き見でしょうか…
なぜか乳出ていますが、当時の普通の格好なんでしょうか…うらやましい。


本堂の裏にはこのような高床式?の建物があります。
アルファベットでTAI LUE HOUSE…??
タイ語ではHuan Tai Lu Makeu…???
まったく分かりませんね、何でしょうここ。


と思ったら、どうも織物の実演中のようです。
Tai Lueは、どうも少数民族?のタイルー族のことだったようです。
ちゃんと英語でそこまで説明してくれよ~


ちなみに門のすぐそばにある木には、自然に寄生したのでしょうか…
びっちりと蘭がくっついていてすごい状態で…
が、地元の人たちはそんなのお構いなしに玉遊び(ゲートボールのクラブがない感じのよう)に興じていました。
あ~もう3時だ…もうホテルに戻ってビール呑も~っと。


※コメント一号さんの話ですと、壁画は洪水でだいぶやられたらしいです。
確かにそういわれて、手持ちのタイ語ガイドを見たら、確かに昔は状態良かったようです。
(一枚だけ写真載ってました…下のヤツね)


Feb.'/09
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
さすがにちょっと観光客に汚されてしまった?町の中心に比べ、郊外のこのあたりにもなると、昔のままの自然な感じで残っていていい感じですね。
(でもさすがにタイ人観光客2組ほどいましたけど)
しかも他みたいに金ぴかに飾られていないので、ちょっとワビサビなんかも…は言いすぎですかね?
ただ…道とかにもあまりまともに標識が立っていないし、道も複雑でちょっと分かりにくいので、単独で行く方は要注意です。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

19° 05'20.92" N
100° 47'17.05" E


View 変スポ in a larger map

7 件のコメント:

カオヤイ さんのコメント...

待ってました!!
壁画、面白そうですね。
中は結構明るそうに見えますが、、、
行きたいけど、中々行けそうに有りません(涙!

コメント一号 さんのコメント...

ここです!この絵です!
これが見たくて正月にナーンまで行ったのです。でも洪水で凄く痛んだという事をカオソイ屋の叔母さんが言っていました。2m以上の洪水だったらしいです。絵の題材は何とかジャータカと云う事です。象上で一騎打ちする御姫様の部分が白眉ですね。

コメント一号 さんのコメント...

因みに私が行った時も、ボール転がし遊びしていました。大晦日に。

マレーンポー さんのコメント...

カオヤイさん、コメント一号さん、お待たせいたしました。
ここまで来た、ということはもう少しでナーン編終了ってことです。
中はあんな感じで結構明るい(少なくともワットプーミンよりもね)ですよ。
洪水の話は初めて知りました。
こんな山の方でもあるんですね~
お姫様の絵は…そんなのあったんですね、知りませんでした。
象や牛に羽が生えているのが気になって気になって…
(見にくいですが6枚目の写真の涅槃の下あたりです)
しっかし、大晦日も玉転がししていたとは…
やっぱ暇なんでしょうね、娯楽何もなさそうですし。

コメント一号 さんのコメント...

壁画の写真、もっと無いでしょうか?
私も結構撮ったけど、何セしょぼいデジカメなんで。マレンポーさんのは窓が開いているのに壁画が写っているのが凄いです。洪水以前の写真を探しているのですが、見つかりません。

コメント一号 さんのコメント...

http://www.moohin.com/cgi-bin/sp.pl?img1=http://www.moohin.com/trips/nan/watnongbua/800/IMG_1167.jpg
象上の決闘
御姫様の勝ちで、男の方は処刑されてしまう・・・

マレーンポー さんのコメント...

う~ん、ちょっと探してみましたが、やはり最後で疲れていたのか、あまり写真撮っていないようです。
手持ちのガイドブックに1枚だけ写真載っていましたが、確かに状態よさそうですね。
(写真をノンブアのページの下に追加しておきました)