今週半ばに、日本に一時帰国します。
来週中旬に戻ってくる予定ですが、今週水曜日の更新を最後に、1週間ほど更新しませんので、ご了承願います。
ツイッターはやってる予定。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

10.4.09

Wat Payawat / Nan

最初のバスターミナルからちょっと南に下ったところに、ひっそりとたたずむ地味~なお寺があります。
名前をワットパヤーワット(วัดพญาวัด)と言うようです。
まあ、とりあえず入ってみましょう。


入ってすぐに見えるのが、この礼拝堂。
なんか講習会でもあるのでしょうか…赤いプラスティックの椅子が片付けられています。


正面から…
う~ん、のっぺりしている…というか、なんか作りかけのようです。
壁はまだコンクリート剥き出しですね。


こっちのナーガのほうはかなりご立派なんですけど…
わざとか偶然か知りませんが、微妙な明暗をつけることにより、ちょっと古びた雰囲気が出ています。


お堂の中は…
比較的地味な感じですね。
仏陀様は奥の厨子の中にしまわれていますが、厨子の中だけライトアップされているので微妙に存在感があります。


御尊顔は近づけば拝めます(あたりまえか)。
なんか憮然とした表情ですね…


もちろん周りの壁にはしっかりいつものヤツが描かれています。
絵自体は結構新しそうですけど。


厨子の後ろにはこんな白い…なんでしょう…が、厨子に背中を向けて安置されています。


ということでお堂の後ろに出てみると…
こんな仏塔でました!
まあ、最初からお堂の後ろに見えていましたけどね。
この形式の仏塔は、北タイでは比較的普通なのでしょうか…ちらほら見かけますよね。


実は…奥で怪しげな集会?してたのでこれ以上先に進めませんでした…ってか見られているし。


Feb./'09
評価★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
見所はこの傾きかけた仏塔と、中の厨子だけでしょうか…
(これらはちょっと有名なようです)
お堂にいたっては作りかけと来ていますしね。
場所はバスターミナルに近く、しかも次のネタの山の上のところ(こっちは地◎の歩き方にも載ってる)に行く途中にあるんで、行きやすいんですけどね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
18° 46'13.00" N
100° 45'44.36" E


View 変スポ in a larger map

3 件のコメント:

コメント一号 さんのコメント...

ここも9寺の内の一つです。次の山寺も。
ここはナーガが立派でしたネ。それ以外は、、、ナーガの階段を上った左右に十二支の絵があったような。
 正月だったので自転車の女性観光客が来ていました、私は歩きでしたけど、、、次の山寺まで往復とも。

コメント一号 さんのコメント...

あれっ、ここで終わりとは?
ワット・ノンブア、、、、

マレーンポー さんのコメント...

え~もちろんソンクラン明けから続き再開しますよ~
ちなみにちょうどさっき(タイ時間で19日午後9時ごろ)帰ってきました。
あ~疲れました。
しっかし、山寺まで歩いた…=あの階段も歩いて昇り降りした…
尊敬しちゃいます。