次からは、バンコク近郊のスポットを周ります。
ちょっとした地獄なども出てきますのでお楽しみに。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

4.7.09

Wat Sabua Kew / Khon Kaen

コンケンの南の端にあるど田舎ノンホンソン郡。
その中心からちょっと外れた集落にひっそりと建っているワットサブアゲオ(วัดสระบัวแก้ว)というお寺があります。
入り口からしていかにも田舎の匂いが漂っていますね。


境内も…
う~何にもないや…


礼拝堂からさらに奥に行けるようですね。
とりあえず行ってみましょう。


なんとも不思議な形の本堂ですね。
屋根に比べ極端に小さい本体部の壁にびっしりと絵が描いてあります。
古そうなんで、多分壁画を守るため、ひさし??のデカイ屋根をつけて紫外線や雨風から守ろうってところでしょうか…
とにかくここは、この古い仏画?が売りのお寺のようですね。


とにかく外壁前面に、多分このあたりの昔の伝承か何かが描かれているのでしょう…
私には知識がないので、ここからは写真のみご堪能ください。






ん??
なにやら地獄らしい描写がありますね~
煮え湯を飲まされたり、のこぎりでひかれたり…
やっぱり罪人は両手を上げて、手を合わせるのがデフォのようですね…なんなんでしょう?


だいぶ擦れちゃっていますが地獄鍋のようです。
ここの執行人はなんだか楽しそうですね。


ということで外壁堪能して、中に突入です。
内部は外観以上にせまいですね。
タンブーンされている気配もほとんどありません。
しかし…なんともチープなブッダの生涯画ですね…


こちらは沙羅双樹の下で瞑想中でしょうか…
ともかくまったく遠近感が感じられませんね。
(外のヤツも遠近感そんなにありませんが、人間のサイズは比較的…)


May'/09
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
まあ、地獄寺というには物足りないですし、壁画はなかなかですが、そちらを好きな方でないとただの稚拙な絵(失礼)ですし…
かといって他に何も売りはないですし…
なんと言っていいかわかりませんが、とりあえず良くも悪くもあの壁画なんでアレを気に入った人のみお勧めいたします。
とりあえず交通の便は最悪です。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

15° 45'03.75" N
102° 44'55.52" E


View 変スポ in a larger map

7 件のコメント:

コメント一号 さんのコメント...

広い、、、。
と言って褒めるしかないお寺ですね。
絵が巧ければ、、、。何でタイ人は絵が下手なの?小学校の壁絵もあまり巧くないですね。

朝太郎 さんのコメント...

やっと我が古々パソコン(+環境)を7月より代えたので、とってもスムーズに見ることができる様になりました。(笑)

この辺には行ったことないですが、サコンナコンの親戚に行くのに、2号線のPhonの街を何度も通過しています。
そっから東へ20kmほど行ったところだな・・・と見ています。
この寺thinknetのNORTHEASTERNの地図にも出てますね。

マレーンポー さんのコメント...

コメント一号さんへ
お疲れ様です。
ここのところ毎日深酒でグダグダでした。
昨日も中日巨人戦に一喜一憂しながら、ビール飲んでいました。
このお寺の絵、結構古いみたいなんですけど、日本みたいな文化財保存…見たいなのが、クメール遺跡+αしか適用されないんでしょうか…
ここもデッカイひさしだけでごまかしていますよね…芸術がいまいちなのは…やっぱ教育文化なんでしょうね…きっと。

マレーンポー さんのコメント...

朝太郎さん
うらやましいです。
私のパソコンタイ購入の東芝製なんですけど、モニターちかちかして…多分接触悪いんでしょうね。
まだ1年なのに…
2号線さすがに何度も走りましたがもうかなりあきましたよ。
だって、まっすぐで、しかも周り何にもないんですもの…

コメント一号(at Jap) さんのコメント...

この間、行って来ました。
帰りの足が無くなり、進退極りました。
中は暗くて、何も見えなかったです。
いずれにしろ、下手な絵でした。

マレーンポー さんのコメント...

コメント一号(at Jap)様
行ってしまったのですね、帰りの足の確保なしで…
どうやって岐路につけたか存じませんが、町間のソンテウを乗り継ぐか、ローカルバスを拾うぐらいしか思いつきません…
しかも1時間以上待たないと拾えなさそうな超田舎ですし…大変でしたね。

コメント一号(at Jap) さんのコメント...

四時半には寺を出たのですがソンテーウもパスも既に無いのです。複数の人が断言しました。あのまっすぐ延びる道に立ち尽しました。ここで野良犬の餌になって果てるのかとも思いました。幸い、窮状を見かねてか、市場に向かうピックアップトラックが荷台に乗せてくれてロータスまで連れて行ってくれたので、「パタヤホテル」に泊まれました。
 これはイサーンの忘れられない思い出になりました。