Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

27.7.09

Wat Sila At Jittarat Rangsan / Kalasin

再訪

恐竜の画歴公園から軽く北上、ノンハン村の集落にやってきました。
目的は…
まあ、もうわかりましたよね?



あれっす!
ワットシラーアートジッタラートランサワン(วัดศิลาอาสน์จิตราษฎร์รังสรรค์)の、あの大仏様に再会するために、やってきましたよ。



では…
って、門とか塀とか、めっちゃ黄色くなりましたね。



ということで、大仏様の正面に周りこみました。



あ、こんな看板出来たんだ。
結構絵が上手いね~ちゃんと特徴も掴んでるし。
そして、このノンハン村のシンボルってことね。



おや?
なんかありますよ。


結界石や!
どれぐらい古いものかはわかりません…



では、改めまして、大仏様を…



相変わらずの、キュートなご尊顔です。



この、頭と体のバランスも、何とも言えません。



あ、そういえばこの本堂も、黄色に塗り替えられちゃいましたね。



せっかくなので、のぞいてみますか。




つまらん。
完全に、大仏様に全振りしちゃってるわけですね。



Jul./'19

以下過去の記事


先のワットタムボールアンと同じく、カラシンの南東の一集落にひっそりとお寺が建っています。
名前をワットシラーアートジッタラートランサワン(วัดศิลาอาสน์จิตราษฎร์รังสรรค์)という、多分マイナーなお寺です。
何でこんなところに…というと、いらっしゃるんですよ、大仏様が。


あ、見えてきました。
なんともステキなご尊顔のこのお方。
こんなんでも15mぐらいありそうです。


もう少し近づいてみましょう。
何でこんな外観にしちゃったんでしょうね…仏陀を侮辱してますよ~
ちなみに隣は本堂ですが…やっぱり閉まっています。


こんなのでも結構信仰を集めているようで、足元には結構タンブーンされた跡が残っています。
あ、また一人犠牲者が来た。


May'/09
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
この大仏がすべてです。
が、本当になんでこんなに不細工に作れるんだろう…ってぐらいひどいです(笑)。
実は私の持っているガイドブックのは金色ではなく、白い肌に茶色いお召し物をしていたんですけど…
塗っちゃったんですね。
そっちのも良かったんですけど…

Google earth 座標(分かるやつだけね)

16° 34'17.79" N
104° 06'22.64" E


View 変スポ in a larger map

4 件のコメント:

コメント一号 さんのコメント...

いますね、こういう顔の人。

WARZY さんのコメント...

不覚にも笑ってしまいました

こんな面白い顔の大仏は久しぶりです!

マレーンポー さんのコメント...

コメント1号さま
レス遅くてすいません。
いや~最近忙しくって、今まで行ったところの記事をストックしていたんですけど、もう尽きちゃいました…
(行った場所のストックはあるけど放置中)
なんかこんな顔の人がいそうでなかなかいない…
そんな微妙な素朴感が良いですよね。

マレーンポー さんのコメント...

WARZY様
私もこの顔が気になって気になって、それだけのためにここに行ったようなものですよ。
もっと作りようもあると思うんですけど…
これはこれで面白いから良いですよね。