サケオ編に入ってはや4スポット目。残るは3スポット+再訪記事のみです。
その次は、タークミャンマー編に移っていく予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

30.7.09

Wat Phuttanimit / Kalasin

カラシン県サハッサカン郡を走っていると、何か怪しげな建物が見えてきます。
なんかバベルの塔みたいですね。
とりあえず行って見ましょう。


これが入り口のようです。
よくわかりませんが、なんか子供たちが一生懸命門を開けたり閉めたりしています。
お駄賃のおねだりでしょうか…
このお寺は、ワットプッタニミット(วัดพุทธนิมิตร)というようです。


これがバベルの塔?部。
まだ作りかけのようですね。
かなりでかいですね。


ここが入り口。
なんとなくクメール遺跡を意識しているのでしょうか…
階段脇にも、入り口周りにも、いっぱいナーガが配置されています。


外壁にも、こんな感じで…きっと仏教の絵が描かれています。
一応仏陀いますし。


内部はかなり広いホールになっていて、中央に仏舎利でしょうか?安置されている配置のようです。
天井もかなり高いですね。
天井には黄色い線で蓮とかいろいろ描いてありますが…下書きでしょうかね?


見ての通り?作りかけの内部、壁の周りはぐるっと一周仏陀がずら~っと安置されています。
よく見ると天井近くにもいたりして…


更にその間の壁にも仏教のレリーフが刻まれた豪華な仕様のようですね。
まだ作りかけですけど。


ということで仏塔を堪能した後は、本堂に行ってみましょう。
この先が本堂のようですね…結界石もありますし。
しかし、この階段とかのラテライトっぽいのも、なんとなくクメールを感じさせる作りですね。


これが本堂のようです。
木造で開放的な作りで、しかも細部に細かな彫刻が施されているようです。


こんな感じで…何の話かは知りませんが仏教の絵がこんな感じで掘り込まれています。


ここが入り口のようです。
まあ、入ってみましょう。


中はこんな感じ。
開放的で明るいのですが、基本木の渋い茶色基調で、かなり落ち着いた感じです。
一段高くなった床の奥に、ご本尊様が安置されています。
木そのものの形を生かした柱とか、なんかあまりタイっぽくないですね。


これがご本尊様。
丸顔で…コメント難しいですが、タイでこのポーズの仏陀、なんかあまり見ない気もしますが…
自信ありませんけど。


天井にはこれまた仏陀の生涯が掘り込まれています。
屋根の裏側のこの形を、このように利用した絵って珍しいですよね?


外壁を裏側から見ると、こんな感じで透かし…ではないですが、外が透けて見えるので、灯りなしでも結構明るいです。
もちろん裏側にもしっかりと絵が描かれていて、かなり凝った作りのようですね。
涼しければゴロンと昼寝決め込みたいですね。


May'/09
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
やはりこれも新興のお寺のようですが…
バベルの塔も、本堂もかなり見ごたえありです。
塔が作りかけなのが非常に残念なのですが、現時点でも十分すごさが感じられます。
塔が完成したら、どんなにすごいことになるのでしょうか…
というか完成するのでしょうか…と想像するだけでも楽しくなっちゃいますね?
欠点はともかく僻地なことですね。
(さっきの大仏君よりマシですけど)

Google earth 座標(分かるやつだけね)

16° 43'40.11" N
103° 34'04.61" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: