実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

今回の地獄絵寺で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

23.7.09

Wat Tham Bo Luang / Kalasin

先のワットチェディチャイモンコンのあるど田舎から、カラシンのど田舎へ抜けるべく、超ど田舎の道を激走…
(何号線と言う名前すらない…しかも超ダート)
カラシン県に入って少し行ったところに、なんだかお寺があります。


なんでこんな辺鄙なところにあるお寺が気になったかというと、なんか知りませんが、虎が岩の上からにらんでいたからです…ほら。
ちなみにお寺の名前はワットタムボールアン(วัดถ้ำบ่อหลวง)というようです。


虎からさらに500mほど進んだあたりにお寺…じゃなくって岩場が見えてきます。


その片隅に、自然の岩と、コンクリをミックスしたような建物の入り口があります。


内部はこんな感じ。
他に見当たらないので、多分本堂を兼ねているんでしょうね。


片隅には謎のコブラも…
何か意味でもあるんでしょうか…


さらに奥に進むと、プープラバートとかパーテムとか見たいな奇岩っぽいものも見えてきます。


こんな感じ。
結構イケてるかも…ただし近くにいけません。


その脇には礼拝堂?もあります。
作りかけなのか、はたまたこれが最終形なのかは分かりませんが、ここが終点の模様。


う~ん、タンブーンされた様子はほとんどありませんね。
まあ、まわり何にもありませんし集落もポツリポツリとしかありませんから仕方ありませんけどね。


May'/09
評価
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
寸評
岩はかっこいいんですけど…
それが無ければ、UPすらしなかったぐらいですかね。
ただ、田舎のお寺のレベルを感じてもらえれば十分です。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

16° 29'14.48" N
104° 11'24.70" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: