今週半ばに、日本に一時帰国します。
来週中旬に戻ってくる予定ですが、今週水曜日の更新を最後に、1週間ほど更新しませんので、ご了承願います。
ツイッターはやってる予定。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

7.6.08

Wat Bot / Prajin Buri

自然以外に何のとりえもない?ここプラチンブリの市街地から少し行った川沿いにある、このワットボット(วัดโบสถ์)。
もう、タイ人すら知らないようなマイナーなお寺(タイ人参拝客もいません…こんな県庁所在地のそばだっていうのに)ですが、私が来るってことは、やっぱりあるんですよ…
門の脇には衛兵…ヤックが控えています。



でも、よく見るとかなりおまぬけな顔をしています。



境内に入り、まず目につくのはこの建物。
3つの黄金のつぼみ?を冠したこの姿、なんとなくモスクみたいな雰囲気にも見えます。



でも、上にあがってみると、ただ仏像を納めているだけの場所のようです。
さすが仏教の国タイ。
見た目はあれでもとにかく仏教中心のようです。



奥の川沿いには、かなりでかい涅槃仏が、この悠久の流れを、ただただ眺めています。
その向こう側には座仏も控えているようです。



この涅槃仏もかなりでかく、Google Mapを信じるなら、やはり50m級のでかさのようです。
(最近このサイズのを見慣れたのか、あまりでかく感じなくなってきてしまいました…もう病気でしょうか?)



だいぶおまぬけな顔をしています。
体もだいぶ幼児体型のようです(でかいけど)。
しかし一番気になるのは、この腕の曲がり具合…
つ~か、手首の関節どこでしょうかね?



となりの座仏も結構な大きさです。
なんせお座りになられている椅子がすでに2階建て+αですから…
30mとは行かないまでも20mぐらいはありそうです。



さらに奥に行くと、立像もあります。
10m程度でしょうか?
なんかだんだんスケールが小さくなっていくのは気のせいでしょうか…
この微妙に両脇に開いた目がチャームポイントですね、きっと。



こんな感じでなかなかたのしい境内ですが、奥はまだまだいろいろあるようです。
象も黄金ですが、横の仏塔…みたいなのは、サーラー(タイ式休憩所)のようです。



この建物は何でしょうか…
花でも模しているんでしょうか?



こっちの、奥の仏塔(なのでしょうか?)も、かなり独特の形をしています。
もちろん、中には入れないようですが…
しかし、こうしてずっと見ると、このお寺ほかに比べてもずっと金色度が高いようですね。



ところで、境内の一角にはお墓エリア(小さな仏塔みたいなやつ)があるんですが…
だれこれ?急に現われて、かなりドキッとしますね。
急におばちゃんのコンクリ像が現れます。
しかも一体だけ。
これもお墓の一種なんでしょうか…謎は深まるばかりです。



Jun./'08
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
…評価高いようですが、ともかくプラチンブリには自然以外何もないので、比較することすらできません。
まあ、90%以上の確率で、この県一のスポットと思われます。
(一応タイ語のガイドには載っていましたが、写真なしです)
涅槃仏もなかなかですが、境内の建物等、かなり独創的です。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
14° 02'15.98" N
101°20'05.23" E


View 変スポ in a larger map

4 件のコメント:

TLSグループ さんのコメント...

『リンクのお願いについて』

はじめまして突然のコメント失礼致します。

東京・大阪・バンコクにてタイ語の学校を運営しておりますTLSグループ広報担当蛯子と申します。

こちらのブログを拝見させていただいたところ、タイに関する魅力や情報が豊富で好感を受けました。
つきましては弊社の毎日更新中のブログからリンクとして紹介させていただきたいと思いコメントを入れさせていただきました。
もしもよろしければこちらのアドレス(link@tls-group.com)までご連絡ください。

また代わりといっては恐縮ですがその際弊社のHPをこちらのブログにリンクしていただければ幸いです。
是非ご検討のほどよろしくお願いいたします。

リンクの際にはこちらのアドレスや説明をお使いください。
アドレス; http://www.tls-group.com
説明; タイ語、タイ語学校、教室、翻訳、会話、通訳のタイランゲージステーション

おつかれー さんのコメント...

おつかれー

w( ̄o ̄)w オオー!
なんかタイ語学校から
リンクの依頼が来てる。
って、既にリンクしてあるか^^

遂にタイ語も駆使しての
ブログが始まったんだ。
こっちは、来週から
週一回のペースで
英語の授業が始まるぞー
きっと、忘れてる単語が
いぱーいあるだろうな。

それにしても
涅槃仏の手首は一体・・・

マレーンポー さんのコメント...

…つ~かまだ仕事してるんですか?
ご苦労様です。
タイ語はまだまだ無理っすね、正直。
英語頑張ってください!!
(でも、老婆心ながら言うと、授業で勉強しても、普段使わないとすぐ忘れますよ。納屋橋とかに出没する(以下略))

コメント一号 さんのコメント...

おおー、私以外の読者がいたんだ!
 おつかれーさん、 英語、頑張って下さい。