今週半ばに、日本に一時帰国します。
来週中旬に戻ってくる予定ですが、今週水曜日の更新を最後に、1週間ほど更新しませんので、ご了承願います。
ツイッターはやってる予定。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

26.6.08

Wat Thanmikkarat / Ayutthaya

アユタヤ島の中心近く、王宮跡の隣にある怪しい?お寺、ワットタンミックカラート(วัดธรรมิกราช)。
場所的には結構遺跡の一等地なんですが、”ちたまの歩き方”にも紹介されていないようなところです。
なんせまともな門も見当たらず、唯一この垂れ幕が頼りです…たぶん。



ここも、先のワットウォラチェットと同様、遺跡がメインの場所のようです。



こっちは、大仏があった(はずの)場所のようです。
実際に残っていれば、7~8mぐらいありそうです…残念です。
でも…ここの真のメイン?は…



これ。
ガングロで分かりにくいですが、顔だけで1.5mぐらいありそうです…顔しかないですけど。
詳しくは確認していませんが、先の大仏跡にあったはずの大仏の頭部だけ復元したってところでしょうか。
タイって、なんで首だけの仏陀を祀っているところがちょこちょこあるんでしょうかね?



でも、このお寺にはさっきの首と遺跡だけでなく、涅槃仏もあるんですよ。
長さでざっと10m程度でしょうか?
涅槃仏自体は大したことないのですが、建物がまた狭く、柱も所狭しと立っているので、大きく感じられます。
(つ~か、全く真正面からの写真撮れずに、こんな角度ばっかしか…)
足もとの金箔ベタベタの板は、この写真ではよくわかりませんが…



一応仏足石のようです。
小さくてペラペラですが、コンクリでなく石から削りだしているっぽく、逆にありがたみがあるようにみえます。



涅槃仏の頭側から…本当にこんな角度でしか写真撮れません。



涅槃仏の裏には、サイズは小さいですがこのような幻想的?な仏陀が安置されています。
手にお持ちの光源は何かと思ったら…ただの蛍光灯でした。



ここには他にも仏塔なんかも残っていまして、周りには象でなく、シンハ像が取り囲んでいる配置です。



ちなみに、”ロ○リー▽ラネット”にはちょろっとだけ紹介されているのですが…
「川で囲まれた、王宮跡の東側にあるワット・タミカラートには、巨大なチェディーの遺跡とライオン像がある。」だそうです(これが全文です)。
あれ、ライオンなんだ…つ~か巨大って、仏塔20mも無さそうなんですけどね。
やっぱりあの大仏(の首)はスルーですか…



奥には、まだまだ修復中の仏塔(あきらかに10m以下)もあるようです。
裾に置かれている象さん、何か意味あるんでしょうか…



ところで、アユタヤに来ると、大体川沿いのレストランに行くことになります。
こんな微妙なところを通っていった先に…



筏があって、そこでお食事が食べられるようになっています。
個人的には、船が通るたびにゆれるんで、あまり好きではないのですが、ゲストには評判いいですね。
ちなみにほとんどのところで、名物の青い川海老のクンパオが食べられるんですけど…
これもちと泥臭い気がします。
(偏見ですかね?)



Jun./'08
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
良くも悪くも?あの仏陀の頭ですね。
遺跡は…周りにもっと有名な遺跡いっぱいありますしね。
しかし、上記にも書きましたが、タイって首だけ信仰(ととりあえず名付けときます)あるんでしょうか…
それとも、ほかの…ワットプラマハタートの根っこが絡まった仏陀の首にあやかる…というか、合わせて首だけにしたんでしょうか…
謎は深まるばかりです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
14° 21'33.67" N
100°33'42.10" E


View 変スポ in a larger map

5 件のコメント:

100chedi さんのコメント...

マレーンポーさん、こんばんは。
ここ、涅槃仏のガイドブックで見て
行きたいと思ってましたが、
仏頭、チェディに遺跡と
色々見所があって良いですね。
3枚目の写真の白っぽい部分は、
大仏の足だけ残ってるのでしょうか?

仏頭はなんだか獄門みたいですね...

マレーンポー さんのコメント...

そうです、あの白っぽい残骸は大仏の脚部と背中の一部のようです。
1枚目の写真の通り、お寺の売りはあの生首と涅槃仏のようですね。
ちなみに…来週or再来週から、ロッブリシンブリ大仏紀行が始まる予定です。
まあ、そんな大袈裟ではないですが、全体的に大仏ばかりの旅行になってしまいました。
(実は今帰ってきたばかりです)
たぶん誰も知らないような怪しいところもありますので楽しみにしていてください。

コメント一号 さんのコメント...

誰も知らないようなところ、、楽しみです。

コメント一号 さんのコメント...

大仏の首は下記に収納されてるみたいですね。
http://www.geocities.com/RainForest/7153/thai/ayut/way_tamth.htm
ご存知と思いますけど、念のため。
というか、100chediさんへサービス。

マレーンポー さんのコメント...

はははは…
もちろん知りませんでした。
いつも思いつきで入りますんで、あんまり下調べとかしないんですよ。
(場所ぐらいですかね)
そういわれてみるとアユタヤの博物館一度も行ったことないです…
だめだめですね、私。