ノンブアウドン旅行編、全13か所の予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

25.2.09

Wat Khao Som Phot / Lopburi

ロッブリ東北部、ダム湖のちょうど北端に位置するラムナラーイという田舎町。
ここからさらに南東…周りに畑と荒地以外なにもないようなところの先、山の麓にひっそりとお寺がたたずんでいます。
名前をワットカオソムポート(วัดเขาสมโภชน์)という、比較的新しそうなお寺のようです。
こんなど田舎なんですが、こんな立派な本堂があります。
(ちょっと錯覚しそうですが、横の壁も身長以上ありますよ)


本堂はどうも大理石製…
ホントタイのお寺って金儲かるんですね~
でも、残念ながら本堂の入り口は硬く閉ざされていて内部を見ること叶いませんでした。


大仏様もこんな立派なものがおわします。
御尊顔は…あまり特徴なさそうですね。
ちなみに下の建物で尼さんがお昼寝してました…起こしてごめんね。


もちろん大仏以外にもプラメートラニ様とかもしっかり常備されています。


こっちは簡易タンブーン場でしょうか?
壁の無い、円形の建物のまわりを各曜日の仏陀がかためているようです。


中央は…ちょっとどこかで見たことのありそうなつぶらなお目々が特徴的な大仏様が安置されています。
頭の上には背後霊…じゃなくて、なんでしょう?
手前にもミニチュア信者様が並んでいます。


…いや、違う!
ここに来た目的はこんなものを見るためではないんです。
どうもこのお寺には地獄絵があるらしいんです。
そうじゃなければわざわざこんな田舎まで来るわけ無いですよね?
しかし、そこに行く道にはこんな感じで猿が立ちはだかっています。


やっとのことで猿通りを通り抜けた先に、講堂があります。
本堂に比べると、ちょっと作りが安普請ですが、サイズは結構大きそうです。
さっきお坊さんに聞いた限りでは、どうもブツはこの中にあるらしいです。
まあ、ともかく入ってみましょう。


中はこんな感じで結構広いのですが、こんな感じで白装束信者がたむろしていて、ちょっと入りにくい雰囲気です。
まあ、窓がいっぱいで明るい分、すこしマシですが、これが真っ暗だったら…


ご本尊?さまは立仏タイプのようですが、こんな感じで両手を広げています。
こんな格好の、初めて見ました(多分)。
って良く見ると下のほうに…


ああ…亡者がわらわらしています。


こっちも…
よく見ると○○人間も混じっていますね。
(○○には適当な動物の名前でも入れておいてください)


こっちは良く見るとチャクラムの刺さっている人も見受けられますし、その後ろのオレンジのは地獄鍋でしょうか…
でも、地獄絵というにはちと物足りないですね~


ちなみにこのお寺、さらに奥…山の中腹にちょっと変わった仏塔?があります。
え?よく見えない?


ということでUP。
まあ、写真で我慢してください。
すでに本日の予定も押していますし、何より体力的に最初から挫折です。


しかし…ここ本当にどこにでも猿がいますね~
一番ひどかったのは僧房周りですが…きっと餌付けするからなんでしょうね。


Jan.'/09
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
ともかく場所遠すぎ!
多分ロッブリ中心から2時間近くかかるんじゃないでしょうか…
お寺としては、まあそれなりに面白かったですが(普通とちょっと違うし)、地獄は微妙ですね。
こんなものでは地獄寺とはいえません(誰も言ってませんが)。
まあ、猿と戯れたい方はどうぞ。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

15° 09'40.73" N
101° 16'43.13" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: