サケオ編もあと残るはおまけの1ヶ所のみ。
その次は、タークミャンマー編に移っていく予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

14.2.09

Phang Nga Bay / Phang Nga

ということで、すでに有名そうな2ヶ所は紹介しちゃいましたが、1DayTripで行った、パンガー湾の残りの場所をまとめて紹介しちゃいましょう。
ツアー自体はパンガーのバス停前のツアー会社から、港までの送迎もついているので楽チンです。
見えてきました、ここが船着場のようです。


ということで、ロングテールボートに乗って出発!
前に写っているのは、乗り合わせたおねーちゃん’s。
(でも北欧の良く分からない国の方のようで何語かさっぱり…)


ご存知の通り、パンガー湾はカルスト地形のため、周りはこのような切り立った山がぽこぽこ立っています。
ちなみに現在位置は、まだ河だったりして…


舟は河の本流から外れて、細いところに…
こんなところロングテールボートじゃなきゃ入って来れませんね。
この辺りは岸の左右をびっちりマングローブが生い茂っています。


ああ、見えてきました…
山の下にちょろっと穴が空いています。


ここはロートヤイ洞窟(ถำ้ลอดใหญ่)と言うようです。
(一応ガイドブックにも載っていました)
よく見ると、奥に向こう側が見えています…ボートでくぐることが出来るようですね。


なかはこんな感じ。
やはり侵食されて出来たのでしょうか…
上からツララのような岩が垂れ下がっているのは、やはり石灰質の地形のなせる業ですね。


こんな感じで、”パンガー湾一日ツアー”のはずなのに、最初はぐるぐる河を流すのみ…
まあ、このような地形を見せつつ、時間をつぶしたいのでしょうね、きっと。


そんなこんなで、やっと河から出ると、そこは先のパンイー島。
でも、何故か華麗にスルー(帰りに寄るようです)。


海に出ても、先ほどのような地形が続きます。
さっき山だったのが、島になっただけ…って感じです。
で、中央に見えるのが、例のジェームスボンド岩を要する島のようです。


海側から見たジェームスボンド岩。
(先に紹介済みなのでここでの詳細説明は割愛)


舟はさらに湾の外の方に向かっていきます…ロングテールボート大丈夫??


ということで、かなり湾の入り口の方に行ったところで、島に上陸。
なんでもここに洞窟があるようです。
船頭さん(ガイドはいない)から、頭につけるライトのみ渡されます。
自分たちで勝手に行けってことのようです。


つ~ことで、はしごを登って洞窟に。


中はそれほど高さはないようですが、奥に結構続いているようです。
フラッシュ焚かないと真っ暗な中、白人様は物怖じせずにズンズン進んでいきます。
しかし…なんで彼らあんなに短パン好きなんでしょう…しかも裾ズボンにいれちゃうし…


乾期なのであまりじめじめした感がありませんが、よく見るとところどころに結構見事な鍾乳石とかもあります。


こっちは床とくっついちゃったようです。


ああ、出口が見えてきました…意外に短かったですね。
外は…


うう…水溜りと崖しかないです。
もちろん脱出不可能。
でも、基本エメラルドケーブ(ムック島)と同じ構造のようです。
もしかしたら別ルートで海と繋がっているのかもしれませんね。


さて、ボートトリップはまだまだ続きます。
乗っている方は、どこへ行っても景色が変わらないので、すでに飽き始めている状況ですけど。
こっちの島は…(もう名前失念しました…ガイドブックも無くなったよ)


どうもここが見所のようです。
上にも向こう側にも完全に貫通しちゃってるんですね。
ちなみにここはカヌーで周って楽しむのが普通のようですが、我々はロングテールボートの上から見るのみ…
カヌー乗りたくないけど。


まあ、ともかくこの辺りは同様の島がいっぱいあるようで…
どこを見てもこんな崖が合ったり…


こんな洞窟があったりします。


ということで、ボートは一路船着場に逆戻り…
と思ったら、ここで最初に通ったパンイー島に寄るようです。
つまりオプションで、1DayTripの後、ここに宿泊するプランがあるのでこういう順番になるんですね。
(先に紹介済みなのでここでの詳細説明は割愛)


パンイー島より北はもう河(多分)で、来るときも通っているのですが、崖の脇で船頭さんが突然「ペイントロックペイント!」と叫ぶので良くみると…
茶色いシミ…なんとなく絵に見えてきます。


UPで見ると、確かに絵ですね。
しかしこんな形状しているところを見ると、この絵が描かれたころは、ここはすでに侵食されていた。
つまり当時から河もしくは海だったと思うのですが…なんでこんなところに絵を描いたんでしょうね?


さらに、船頭さん「○△★×!」(もう何言っているのか…言葉にもなっていません。)
なんかよく分かりませんが写真を撮っておきました。
(中央の小さな島がそれらしい)
一応ガイドブックに載っていましたが、何が有名なのかさっぱり…


ということで、午後3時ごろ無事船着場まで戻ってくることが出来ました。
河はいいな~
なんせ天候が悪くて、海は波も波も高くて…何度転覆するかと思ったことか…


Jan.'/09
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
1Dayトリップはちょっと長すぎるかも…はっきり言って途中でだれました。
HalfDayトリップもあるのですが、そちらでも例のジェームスボンド岩とか、パンイー島に行くので、そっちで十分かも。
(違いは南の端にある洞窟とかと、昼飯がつくところのみ)
でも、天気がよければ印象も変わったかもしれません…何で乾期なのに天気悪いんだ~~~!!

Google earth 座標(分かるやつだけね)

いっぱいあるので良く分かりません。
(まあ、ガイドブックには場所書いてありますけどね)

0 件のコメント: