今週半ばに、日本に一時帰国します。
来週中旬に戻ってくる予定ですが、今週水曜日の更新を最後に、1週間ほど更新しませんので、ご了承願います。
ツイッターはやってる予定。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

12.2.09

Ko Pan Yi (Payee Island) / Phang Nga

下の写真(よそのサイトから拝借…)パンガーのことを知らなくても、見た事ある人いるのではないでしょうか?
ここはパンイー島(เกาะปันหยี)という、イスラム教徒が住む漁村です。


とはいえ、我々は空から行くわけにも行かないので、普通にボートで上陸です。


港…というと聞こえはいいですが、そこら辺の橋というか歩道というか…なんぜ全部海の上なんでしかたないですが、一応船着場らしいところに停泊します。


今回の上陸ポイントは、パンイェーレストラン(確か)というところの前のようです。
というか、観光化が行き過ぎてるのか、どこもかしこも、こちら側の海沿いはレストランばっか。


でも、足元には…微妙な生簀が。
これ、食べるんでしょうか…
というか、これらのトロピカルなお魚ってこんなきちゃない海にもいるんだ…。


さて、レストランの奥は、やっぱり観光客向けになっていて、通路の両脇いたるところお土産屋さんが並んでいます。
もちろん客のほとんどは白人とタイ人。
(でも日本人もいたよ)


とはいえ、ちょっと脇に外れると、とたんに生活臭漂う路地が現れます。


ということで、彼らの生活テリトリーにズカズカと入り込みつつ、奥のほうに進んでいくと…


モスクがあります。
とは言ってもまったく有名でもすごくもないんですけど、改めてモスリムの島なんだな~って感じさせます。


ちなみに島を遠くから見たときに、一番目立っている建物です。
こんな感じ…
(1、2枚目の写真にもこっそり写っています。)


ちなみに後ろはもう崖…
というか、この辺りだけなんでしょうね…まともな陸地。
そうじゃないとこんなしっかりした建物建てられそうにないです。


ちなみにこの島、バンガローもあって、泊まることも出来ます。
レベルは知りませんが、今回の1Day(もしくはHalf Day)Tripのオプションでも行けるみたいですが、200B程度UPで済むそうなんで、その程度のところみたいです。
しっかし…


こんなところまでリバプールが進出してきています。
ああ、リバプールはイングランドのプレミアリーグの強豪で、タイでは大人気のフットボールチームです。


ちなみにGoogleMapで上空から見たところ。


Jan.'/09
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
1Dayトリップで行ったので、30分程度しか滞在できず、消化不良のため、こんな評価ですが、実際1泊してじっくり堪能してみたいところですね。
上空写真を見て、感動して行っても、上空から見えないので写真ほどの感動はありませんが、それでもこういうのはなかなか面白いですね。
ただ…人多すぎ!

Google earth 座標(分かるやつだけね)

8° 16'31.73" N
98° 30'01.74" E


View 変スポ in a larger map

2 件のコメント:

コメント一号 さんのコメント...

海が汚いんじゃ、、、ねえ。
沈殿しないんですかね、あの黄色い色は。

マレーンポー さんのコメント...

する…かもしれませんが、やっぱり湾の外に比べるとちょっと厳しそうです。
でも海に入らなければ景色は素晴らしいですよ、たぶん。