今週半ばに、日本に一時帰国します。
来週中旬に戻ってくる予定ですが、今週水曜日の更新を最後に、1週間ほど更新しませんので、ご了承願います。
ツイッターはやってる予定。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

2.2.09

Emerald Cave (Tham Morakot) In Ko Muk / Trang

先のガイ島から目と鼻の先(とは言っても7kmぐらいありそう)にある、このムック島(เกาะม่ก)。


本当は島にリゾートどころか村もある、ちょっと大き目の島なんですけど…今回はアイランドホッピングの一環なので、観光スポットに直行です。
ここで一番有名なのは、サンゴでも海でもなく、このエメラルド洞窟…タイ語ですとモラコット洞窟(ถ้ำมรกต…ついでに言うと中国語で翡翠洞…まんまですね)です。
って、看板にも書いてあります。


ということで、後ろの人は前の人の肩に手を当て…みんなでムカデ状態で洞窟に潜入。
つ~か、80mもあるらしく、途中ライトなしではまったく真っ暗になってしまうので、ライトなしの単独で行くのが厳しいんですね。
特に初めてでは、真っ暗でパニックになりそうです。


ということで、やっと出口が見えてきました。


某”孤独な惑星”なるガイドブックには、「洞窟に先にエメラルド色の洞窟湖がある」と書いてありますが…
エメラルド色っていうには結構にごっていますね。
もちろん観光客はめちゃくちゃ多いので、こんな状態です。


ここは周り360度を、完全にこのような100m以上はあろうかという崖に囲まれた状態になっています。
(どの方向見ても、こんな感じ)


ということで、当然80mの洞窟を戻らなくてはいけません。
ちょっと疲れたかな…
しっかし、さっきの池がエメラルドとは…
まあ、そりゃこんなに囲まれた場所では、海水も循環しないし、毎日ひっきりなしに観光客が押し寄せる?んで仕方ないですけどね。


と思って、よく周りを見たら、海が緑色に光っています。
洞窟で周りは暗いんですけど、意外に海中部分は広いようで、外の光が海を通して入ってきているようです。


別の方向でパシャ。
ほんと、これが理由でエメラルド洞窟ってっ呼ばれているんじゃないんでしょうかね…っていうぐらい、めっちゃきれいです。
青の洞窟みたいですね~。


Sep.'/08
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
さすがにここだけで”県の代表”というわけにはいけませんね~
某”タイの秘島”という本でも、この島は遠浅でシュノーケリングには向かない、とありますし、実際洞窟周りの海底は、サンゴはあるけどまばら…という印象でした。
でも、洞窟内の海水はすっごいキレイなんで、一度見て欲しいのは間違いないですね。
トランでも、クラダン島でも、ガイ島でも、マック島でも、パクラム港でも…近くに来たら、シュノーケリングツアーにでも参加して、ぜひ参加してみてください。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

7° 22'06.42" N
99° 17'05.84" E


View 変スポ in a larger map

4 件のコメント:

トゥッ・ムー さんのコメント...

ここ行ったことあります。
ガイドの人に先導されて洞窟を抜けると周り360度を崖に囲まれた場所に出たの覚えています。
もう10年も前の事です。
あれって塩が引いてる時を狙って行くんですよね?

コメント一号 さんのコメント...

行ってみたい、、けど遠いよー。(高いよー) 結構有名みたい。

マレーンポー さんのコメント...

トゥッ・ムーさん
観光ガイドによると、潮が引いたときのみ顔出す…みたいですね。
ただ、行った時自体は、そんなに引いている感じもなかったんですけど…
岩に残っている水面の跡から察するとですが。
しかし、トゥッ・ムーさんどこでも行ってますね~尊敬しちゃいますよ。

マレーンポー さんのコメント...

コメント一号さん
遠いです、高いです(笑)
でも、無理すれば日帰り…まあ1泊すればいけそうです。
(飛行機使い、ケーブへは島からではなく、パクメン港からのツアーで行けば)
でも高いでしょう。
夜行バス&ソンテウで行けば往復1600Bぐらい?で行けますが、日数が…やっぱり遠いですね。