コラートブリラム遺跡編も、プラーンバーンプラーンで、長かった遺跡連発も終了です。
残り3か所は、遺跡じゃないのでご安心ください!

コラートブリラム遺跡編の後は、チャチェンサオチョンブリ1デートリップ編、スコータイ近辺遺跡舐めまわし編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

12.5.20

Talat Nam Saphan Khong(Saphan Khong Floating Market) / Suphanburi

そろそろお昼ですし、ちょっと小腹がすいてきましたね~
ということでやって来たのは、ワットパイロンウアから、北西に10kmほどの、ソンピーノーン川?の脇にある、こちらのお寺。



お寺の名前は、ワットトーンプラディット(วัดทองประดิษฐ์)…
といっても、お寺自体に興味はないので、さらっとスルー。
奥の河沿いの、市場のエリアにやってきました。



いわゆる生活用品とか食料品メインで、私達観光客には、あまり関係の無いようなものばかりですね。


まあ、その市場アリアも、どうでもいいんです。
私の目的は、川の向こう…橋を渡った先にあるんですよ。



ということで、目的はこちらの、タラートナムサパーンコーン(ตลาดน้ำสะพานโค้ง)…コーン橋市場。



では、さっそく渡るとしますか。



ああ、あれっすよ。



あのカゴたいなのを見たかったんです。



しかし、この木の橋もカッコいいですね~
そして、結構客が多くて、人が途切れませんよ…





あ、ボートツアーもあるのかな?
まあ、今回は特に乗るつもりないですが。



ということで、対岸の市場部分に到着っす。



こんな感じに、竹で作られた橋みたいな感じの通路の脇に、お店が並んでいます。



で、その竹の橋が、奥の方にずっと続いています。



脇を見ると、こんな感じに、蓮の群生が広がっています。
睡蓮じゃないですよ、タイで有名なレッドロータスとかではなく、本物の蓮です。



中間点にあった、インスタ映えスポット?



…この辺で取れた魚なのかな?



あ、蓮池に抜ける脇道がありますよ。
あっちに行ってみましょう。



ん?
あの奥のヤツはなんでしょうね。



あそこもインスタ映えスポットなのかな?



あっちは、さっきいた竹の橋側です。




で、これなんでしょうね。



ただの休憩場所なのかな?



で、その休憩所の正面も、インスタ映えというか、フェイスブック用の写真スポットみたいですね。
ええっと、หัตถสานบ้านต้นตาล…
後半は、トンターン集落として、前半のハットサーンの部分は、手編み(の竹細工)みたいな意味なのかな?



でも、別に記念撮影に興味がないので、文字の部分が入らないように…
パシャ。
では、あっちの方に行ってみましょう。




う~ん、結構でかいですね~



内部。
さすがに上に登れる仕様にはなっていないようですね。




もっと広角なレンズか、魚眼レンズとかじゃないと、うまくこの迫力が伝わらないや…



ということで、さっさとレストラン?に逃げ込みましょう。
暑いし。


何とか、蓮池ビューの席を確保!



位置的にはこんな感じ。
というか、他の店満席で、ここしか入れんかったんですけどね。



とりあえず、数少ないメニューの1つを頼んだんですが…
これ、スープじゃん。
しかも、ツルと血の煮こごり入ってるし…
嫌いなのにね。
スープは旨かったけど。



ついでに、冷コー飲んで、クールダウンしましょう。
というか、ビール売ってないんや…
一応、お寺の境内扱いなのかな?



う~ん、ええですな~



さっきの休憩所?が真正面ですよ。



まあ、そろそろ戻るとしますか。



う~ん、時間帯の問題もあるかもですが、他のお店、人いっぱいですね~



あ、このテーブルの店で食べればよかったかな?



しかし…



おねーちゃん、この竹の橋のでこぼこのところ、そのハイヒールで歩くの危なくない?



ということで、蓮池の南端に来ました。
場所的には、最初の橋を渡って、そのまままっすぐに進んた辺りです。



こっちも、インスタ映えスポットになっているようですね。



池の奥の方には、蓮の群生越しに、さっきのカゴみたいな巨大な建物が見えています。




あ、書割りだ。
旅行した気分に…ならんよね。
いかにも絵だし。



では、そろそろ戻るとしましょう。



あの水草?栽培しているのかな?


ということで、お寺側に戻ってきましたよ。





まあ、せっかくなので、お寺もちらっとのぞいて行くとしますか。



意外に人気なのかな?




まあ、こんなもんだよね。



Oct./'19
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
もうちょっと市場の飯と、カゴみたいな建造物が充実しているといいんですけど…
貴重な蓮池スポットで、最近評判のスポットですが、まだまだ今なら空いてますし(多分)、行くなら今のうちかな?
そして、すぐ近くに、例のワットパイロンウアの側なんで、地獄で魂の抜けた体を休めに来るのも良いかもしれませんね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°12'18.4" N
100°04'48.1" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: