実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

今回の地獄絵寺で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

1.6.17

Wat Saphan Luak / Chantaburi

わが社の社員旅行で、チャンタブリ方面に向かうことになったので、現地でタイ人と合流する前に、ちょっと行ってみたかったお寺によることにしました。
幹線道路を脇に入り、ローカル街道をひたすら北上…
で、到着したのが、このお寺、ワットサパーンルアック(วัดสะพานเลือก)です。



入り口そばに、こんなのがありますが、スルー。



道中にこんなのもありますが、こちらもスルー。
(というか開いてなかった)



で、目的の建物はどうもこれみたいです。



外壁部に、仏陀がいるのですが、その前に…
何々?The biggest Reclining Buddha In The World… 世界最大の涅槃仏?
そうなんです。
ここにでかい涅槃があると聞いてやってきたわけですね。
でも、世界一とは初耳でしたが。
とりあえず入ってみましょう。



…あ、背中側から入ってしまったみたいですね。
足の方からぐるっと正面に回ってみますか。



後方、足元側から。
まあ、ぱっと見細くて白い柱の多すぎるのが気になりますよね。



足裏。
さすがに曼荼羅は無いようですが、足の裏の模様は法輪でしょうか。
あと、前から気になっていたんですけど…
仏陀って、渦巻き状の指紋が、1つの指に3つもあるんですね。
足で物をつかむには、大変便利そうな特徴です。



で、建物の角、一番引いたところから、無理やり全身を撮ってみました。
柱が邪魔でご尊顔が拝めませんね。
GoogleMapで建物のサイズから考えると、70m近くありそうなんですが、タイ語のサイトとかですと、どこでも56mと書かれているので、たぶんそっちが正しいんでしょう。
でも、今まで紹介してきた、でかい涅槃仏のほとんどよりデカいですね。



ということで、少しよって、柱をよけて撮ってみました。
お腹の辺りは、タンブーン場所になっていて、その周りにこんな感じに小さな仏陀が並んでいるわけです。



で、中央のタンブーン場所を入れて、上半身を撮ってみました。
これで、ようやく涅槃仏の全体のイメージが把握できてきました。



タンブン場所には…
この涅槃仏のミニチュア模型でしょうか、それとも代替の金箔貼りの対象としておいてあるのでしょうか。
誰もタイ人来ていませんけどね。



で、ご尊顔です。
ぱっと目につく、一番の特徴はつけまつげ付けているところでしょうか。
それだけで、一気にカマっぽくなります。
あとは、鼻の成形も済ませているようですね。
もう、わし鼻と言っても差支えないぐらいのレベルです。



涅槃仏堂の壁には、こんな感じに、仏教画が、ぐるっと一周展示されています。



画風ですが、なんか、ちょっと古臭い感じもしますが、漫画とか描いていそうな人のタッチみたいです。



…お坊さんの煩悩を掻き立てそうな、セクシーな絵ですね。



涅槃仏堂の壁際、角地に、天井に登るハシゴがかけられていましたが…
さすがに点検用ですよね?
登る気はさすがにおきません。



さて、涅槃仏の頭側から出たところに、まあまあのサイズの立像が建っています。



せっかくなんで、タンブーンしていきますか。



ちなみに、涅槃仏堂外壁の模様は、これの集合体です。
面白いと言えば、面白いかな。



Sep./'15
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
世界で一番…どころか、タイで1番でもないですが、(現存する、完成している涅槃仏では1番?)、それでもタイトップクラスの巨大さを誇っていることは間違いありません。
これだけでも、見に来る価値はあると思います。
あとは、御堂の中の絵が気に入った人は、ご自身の目で確かめてみてくださいね。
今回は、会社の人と一緒だったので、じっくりと見ることができませんでした。
また行きたいところですが…
ただ、行くのはけっこう大変かと思います。
今回は会社の車で行ったので、サバイサバイでしたが、スクンヴィット通りの入り口の町でどうやって交通手段を確保するかがカギになりそうです。
ソンテオとか、いなさそうですが、とりあえずストリートビューで見る限り、市場のところにトゥクトゥクが待機していたので、まあ、なんとかなるんじゃないかと。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 12°48'15.77" N
101°58'09.69" E



0 件のコメント: