ということで、記念すべき?800回目は、チェンダオの地獄寺です。
ご堪能ください。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

5.6.17

Wat Mun Gun Kong / Chiang Mai

チェンマイ旧市街の南西部に、ひっそりと建っているお寺があります。
旧市街でも、観光客のいるエリアから離れているのか、それっぽい人たちは全く見当たりません。



入っていきなり現れる…
ウィハーンかな?結界石ないし。
いかにもランナー様式な建物ですね。



お寺の名前は、ワットムングンコーン(วัดหมื่นเงินกอง)と言うようです。
タイ語の下は、ミャンマー語?でも、何の意味でしょうね。
お寺やお寺の名前ではなさそうですが…



ウィハーンの中はこんな感じ。
本当は近づきたいところですが、お坊さんが忙しそうなので、この位置からで諦めます…



ウィハーンを横から見たところです。



で、壁際には、こんな感じに、人形が並んでいます。



その人形の目の先に、もう一つこんな建物があります。



入口から、中の人がチラ見えしていますが…



ということで、涅槃仏殿でした。
全長は10m強といったところでしょうか。



ご尊顔。
なんか、ちょっと冷めたような感じですね。
なんか見下されているみたい…
まあ、これも一つの解脱の表現なんでしょう。
イっちゃってるみたいですが。



で、涅槃仏の後ろ側には、こんな感じに”釈迦の生涯”の絵が描かれています。
ちょっとリアルタッチで、結構上手ですかね。



で、ウィハーンの後ろ側には、お約束のように、仏塔が建っています。
こちらも、いかにもランナー様式なデザインですね。



基部には、なぜかネズミ君(だよね?たぶん)が並んでいます。
白い文字は、なんか名前みたいですが、寄付した人でしょうか。



仏塔アップ。
金箔が眩しいです。



あと、めぼしいところは、これぐらいでしょうかね。



Aug./'15
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
チェンマイ旧市街に腐るほどあるお寺の中では、まあ普通ぐらいでしょうか。
ということは、まあ、取り立ててわざわざ見に行くほどの物でもないってことですね。
場所は旧市街の中なので、レンタルサイクルとか借りて、一日観光しようとかする場合、ネタとして寄ってみるのはありかもしれませんね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

  18° 47'06.76" N
  98° 58'51.58" E



0 件のコメント: