次からは、バンコク近郊のスポットを周ります。
ちょっとした地獄なども出てきますのでお楽しみに。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

11.7.17

Koh Sak (Sak Island) / Chonburi

ということで、ラン島でのシュノーケリングに見切りをつけた私は、翌日の朝早くから、港にやってきました。
別に、さっさと帰るのが目的ではなく…


この、シュノーケリングツアーに参加する為ですね。
朝9時(か、12時、14時)に出発、目的のサーク島(เกาะสาก)に向かい、1時間半から2時間程度で帰ってくるというものです。
200Bというお値段も魅力的です。
タイ人価格と言ってもいいんでしょうね。
タイ語しか書いていないし。
ちなみに、その下の400Bの方は、夕方出発の、イカ釣りツアーみたいです。
一番下は、ラン島↔パタヤ間のスピードボートみたいです。


この船で、島に向かうみたいです。
さすがにスピードボートではないですが、なんせサーク島は、ここの桟橋から、直線距離で2.3Kmしか離れていないんで、これで十分なんでしょう。


ということで、見えてきました。
あれがサーク島のようです。
ここに宿泊施設があるかどうかは、知りませんが、とりあえずレストランっぽいものはあるみたいです。
でも、シュノーケリングはこっち…
南側ではなく、北側で行うようで、島を迂回していきます。


で、北側に到着。
こちら側は、白い砂浜がきれいで、結構他の組も島に上陸して、海を楽しんでいるようです。


しかし…
我々2時間ツアーには、時間の関係上、上陸は許されない模様…
残念です。
海は、ぱっと見、やっぱり濁って見えますが、一応海中のサンゴか岩かわかりませんが、それぐらいは見える程度には澄んでいるようです。
とりあえずエントリーしますか。


海中の状態は、まあ、ラン島のビーチに比べればマシですが、やっぱり濁っていて、ちょっと残念な感じです。
ただ、魚影については思ったよりも多く、サンゴもまあまああるようです。


やはり多いのはハマサンゴですが、このような枝サンゴもところどころに生えています。


魚は、まあサンゴの無いところでもいそうなものが大半ですが、それでもサンゴをバックにして見ると、ちょっとうれしくなりますね。


場所によっては、思ったよりも澄んでいるところもあるようです。
結局、ここ数日の波の強さが、この濁りに影響されている?のでしょう。
波の影響の少ない、くぼんだところは、多少濁りが少なくなっているということですかね。


こっちも、まあ、ただの岩場でも見かける奴ですが、それでも、サンゴ礁では目立つので、つい写真撮っちゃいます。


多分、こいつらスズメダイの仲間かと思いますが、もう少し、青や黄色、白などの鮮やかなヤツがいると、トロピカル度アップでいいんですけどね。
サメット島もそうですが、サムイとかと比べて、大分北に位置するんで、ちょっと生態系が違うのでしょうか…
ちょっと見た目が地味で、残念です。


これ、何て名前だったかな?
サンゴの海で良く見かけるんだけど…
ということで、まあ、最低限の目的は達せられましたね。


ところで、港に戻る途中なんですが、ラン島の中腹に、なんか大きな像があるのが見えてきます。
ちょっと気になりますよね?


Sep./'15
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
シュノーケリングポイントとしてだけでしたら、もちろんラン島の各ビーチよりもずっといいです。
でも、残念ながら宿泊できないのが、マイナスポイントですよね。
ここの島、今回はラン島の桟橋で参加しましたが、パタヤの方でもできるんでしょうか…
それが可能なら、日帰りも簡単になるので、もう少し行き易くなると思うんですけど。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 12°56'38.84" N
100°47'31.33" E



0 件のコメント: