実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

今回の地獄絵寺で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

2.8.17

Wat Bot Don Phrom / Nonthaburi

ワットバーンコーから、さらに北東に5kmほど…
ちょい面白そうなお寺があると聞いてやってきました。
今回会社のドライバーに連れてきてもらっているので仕方がないのかもしれませんが、毎回裏口に連れてかれます。
まあ、駐車場があるのが裏ばかりなんですが…
お寺の名前は、ワットボートドーンパロム(วัดโบสถ์ดอนพรหม)というようですね。



駐車場の側から、いきなり色々なコンクリ像が現れます。



こちらはガネーシャ様。
サイズは大したことないですが、化粧の濃さはかなりの物です。
ペイントも、本場インドを意識しているのでしょうか。



ちょび髭四面仏。
一応水が備えられていますが、これも信仰の対象に入っているみたいですね。



ずらっと並んだネーン君(小坊主さん)達…



へんなおばちゃんなどを通り過ぎ、その先の東屋に。



こちらにも、いろいろな像が並んでいますね。



タイ語を読む気はありませんが、これ、なんでしょうね。
最初亀かとも思ったんですが…



その隣には、お坊さんの像がずらっと並んでいます。



さらに奥に進み、象さん通りを通った先が、本堂の様です。



ということで、こちらが本堂です。
ガッチリと扉を閉め切っちゃってます。
ケチ!



と思っていたら、本堂の下に入る事の出来そうな入口が開いています。



中はこんな感じで、ちょい地味ですが、ところどころに仏像などが安置されている模様です。
目の前の立像の裏側は…



こんな感じに、丸い石を囲んで、坊主の像がぐるっととり囲んでいます。



で、その先には、両足揃った仏足石があります。
あまり整理されていないのか、それとも参拝者のマナーが悪いのか?コインが散らばっちゃってます。



最奥には、こんな感じで、なんか荒れたまま放置されたような仏陀達が並んでいます。
壁のタイ語は…
良くわかりませんが、古代の仏像を修繕した物ってことでしょうか。
どれぐらい古いかはわかりませんが。



どのあたりが修繕済なのかわかりませんね。
それとも、タイ語にそういう単語含まれていないんですが、修繕”待ち”ってことでしょうか。



こちらは、首や胴体がバラバラになったものが並べられていますね。
場所とか考えると、アユタヤ時代とかに、ビルマにやられたものとかでしょうか…
本当のところは不明です。



で、本堂の反対側に出たのですが、まだまだ怪しい像が並ぶエリアは続くようです。
…なんか、妙にリアルですね。
確かに、このお寺全体的にリアルな像が多い気もしますが。



仙人と牛。
タイに牛頭の神様とかいましたっけ?



こちらの木の脇にもいろいろありますね。



ヨニっぽいものの上に、顔色の悪い生首が…
って、これ、シヴァ神ですか?
お顔が4面ありそうですが。
では、頭の上のお方は、パールヴァティ?



奥の方に、作りかけのお堂が見えてきましたよ。
さっきの本堂より、床の面積は広そうですね。
とりあえず覗いてみましょう。



内部は絶賛工事中ですが、そのところどころに、いろいろな像が安置されています。
ただ、建物の規模を考えると、各自小ぶりですね…
最後にドンとデカいの作る予定とかあるんでしょうかね。
期待しちゃいます。



とりあえず、正面奥にある仏像。
場所的にはご本尊様でしょうか。
土台のレンガがむき出しですが、最終的には装飾されるのでしょうかね。



で、入って左側にあった弥勒様。
ちょっとアニメっぽい顔してますね。



その奥には、ちょっと大きな観音様が。
4~5mぐらいありそうですね。
顔は、これまた微妙ですが、目の周りをぐるっと塗りつぶしたアイライナーと、ガッツリ塗りたくった口紅のせいでしょうかね。



で、その奥には、このお堂の中で、一番大きそうな、お坊さんの像です。
ざっと8mほどありますでしょうか…



なぜか足元に穴が開いていて、そこに足を突っ込んでいます。
最終的に、どのようになる予定なのか、さっぱり予測がつきません。



一応涅槃仏もあったけど、大したサイズではありませんでした。
床で雑魚寝してるし。



さて、今までは、駐車場から東→少し南と向かったのですが、一旦駐車場に戻って、南下します。
それだけ広いというか、いろいろな物があちこちにあるんですよ。
牛が普通に歩いてますし。



通路の横では、いつもの?骸骨君が、エンドレスでお経を唱えています。
ここでは、コイン入れなくてもずっと動いているところが見られるみたいです。
(センサーかなんかで反応?)



こんな感じ。
(動画じゃないんで判りにくいですが、手の位置と頭の角度変わっています。わかりますかね?)



どうも、ここがメインストリート(お寺の中のね)の様で、この道沿いにはずらっといろいろな像が並んでいます。



牛の像も…
本物いるんだし、要らないと思うんだけどね。
まあ、こんなんばかりなんで、さっと通り抜けましょう。



と、脇道の先に何かあるようですね。
ちょっと寄ってみましょう。



ここにも、いろいろ破壊された仏像が並んでいます。
お坊さん、遠目に本物かと思ってたら、人形でした。



…さすがに、これはいたずらが過ぎる気もしますが…
良いんでしょうか。



で、境内の南部までやってきました。
これまたにぎやかなエリアですね。
入口をネズミ君が守っています。



奥のネズミ君のアップ。
なんで水色なんでしょうね。
ネズミにそんなイメージないし。



で、奥にはダンサーズが並んでいました。



一応アップ。
最初お金入れたら踊ってくれるかと思いましたが、さすがにそんなギミックはついていないみたいです。



ごはん配給おばちゃん。
頑張っているんだけど、どこか違和感があります…
オカマっぽいからかな?



で、ようやく南側の入り口に出られました。
これだけしっかりとした、お寺の名前プレートがあるので、こちらが正規の入り口なんでしょうね。



こっちの方が駐車場広そうですし。
でも、このバス、別に観光客や参拝客が乗りつけてきたわけではなさそうです。
だって、一度も他の人に会わなかったし。



で、駐車場奥にいた大仏君。
と言っても、台座抜きで5m…
どころか、3m程度ってところでしょうか。



アップ。
今まで点在していた、変な顔の奴に比べたら、ずっと凛々しい御顔してますね。
額が広いからなのか、ちょっとショタっぽい顔しているように見えます。



ちなみに、境内には、牛だけでなくヤギとかもいます。



もちろん放し飼いの奴らも…
まあ、お寺の周りは住宅地で、餌場とかもあまりなさそうなんで、逃げないってことなんでしょうか。



Sep./'15
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
これは!
と言うほどの、ものすごいものはありませんが、これでもかと言うぐらい、境内にいろいろなコンクリ像が並んでいます。
本堂下も、ちょっと面白い趣向でしたし(なんでわざわざ本堂下に隠してあるのか不明ですが…案内も無かったし)、こういうも野に興味のある方なら、十分楽しめそうです。
ただ、普通のお寺が良い、敬虔な仏教徒?や正統派の方には、ちょっと違う感があるかもしれません。


Google earth 座標(分かるやつだけね)

 13°51'03.19" N
100°26'41.22" E



0 件のコメント: