今回の温泉で、タークミャンマー編も終了。
次は…小ネタを挟んで、クラビ編に突入します。
たーれっくさんとネタ被るかな?

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

28.8.17

Wat Thai Wattanaram / Tak

で、国境から1.5kmほど、国道12号線を東に向かったところに、涅槃仏が有名なお寺があるということでやってまいりました。
名前は、ワットターイワッタナーラーム(วัดไทยวัฒนาราม)と言うようです。


結構メジャーなお寺なのか、駐車場も広めです。


観光バスも止まっていますし。
(ちゃんと人が乗っていますしね)


駐車場から境内への入り口部分。
結構なデカさのシンハが並んで立っています。
で、奥の方にもデカい鳥?のオブジェが見えますね。


とりあえずシンハ君。
こんな金メッキ調のシンハ像、他であまり見た記憶がありませんね。
なんか、獅子座の黄金聖衣(着衣前)みたい…
もちろん、何て読むか、何のことかわかりますよね?


で、その聖衣…じゃなく、シンハ君の前には、こんな人形を配置した、撮影ポイントなんかも…
って、まだ境内にすら入ってないじゃん。


ということで、とりあえず内部へ。
さっき見えていた鳥のオブジェです。
なんで2階建てなのか、良くわかりませんね。


まあ、とりあえず。東側のエリアにある、こちらの建物から入ってみましょう。


正面には、こちらのビルマ仏が鎮座しています。
ちょっと窮屈そうに見えるのは、肩が上がって、左の脇を閉めすぎだからでしょうか。
なんか、こじんまりしていますが…


こんな感じに見上げるぐらいには大きいです。


取り巻き君もいっぱいですが、さすがにみんな小物です。


次はこちらに入ってみましょう。


なんか、柵に囲まれた、物々しい?つくりですが…


とりあえずセンターは彼のようです。
もちろんビルマ風には程遠いようですが…
そもそも彼、仏陀なんでしょうかね。


一応アップ。


天井近辺には、ぐるりと仏陀の生涯の絵が描かれています。


で、下側は…
なんか陳列棚がありますが、なんでしょうね。
前国王と仏陀がごちゃまぜの様ですが…


周りには、他にもこんな涅槃仏や…


仏像や、お坊さんなどがたくさん並んでいます。
でも、周りはみんなビルマ風なんですよね~


で、さっきの建物の手前にあった、小さなお堂も覗いてみましょう。


また、かわいらしいのが安置されていますね~
後ろの絵がいい味出しています。


こっちの小さな建物は…


お説教のシーンですかね。
なんか、他のお寺だと野ざらしになっていそうな像なんですが、わざわざ別々に囲っているんですね。


さて、お次は向こうの…
西側エリアの方に行ってみましょう。


ああ、そういえば仏塔あったな…
なんせ、お寺の規模に対し、めっちゃ小さいんで、忘れていました。
というか、興味湧くほどのレベルに無いです。
スルースルー。


こっちの建物、めっちゃハデハデ模様で、面白そうなんですが…
どうも僧坊っぽいですね。
さすがに家宅侵入は出来ません。


で、奥のこちらの建物は…


なんか良くわかりませんが、謎ジオラマが展開されています。
仏教界と須弥山を表しているのでしょうか?
それとも、仏陀が天界から帰ってくるシーンを表しているのでしょうか?


その、ジオラマの周りを、仏陀御一行様が、常時ぐるぐると回っています。


その外側、壁には、これまた仏陀の生涯の絵と、小さな仏像がこれでもかと配置されています。


で、最奥には…
ああ、あまりに盛りだくさんなんで、忘れていました。
ここ、涅槃仏が有名なお寺でした。


でも、涅槃仏に向かう道中も、まだまだ仏像のオンパレード。


しかも、とにかく色白。
仏陀ってインド人じゃないのかな?


で、ようやく涅槃仏のところに到着です。
GoogleMapの縮尺を参考にすると、ざっと40mぐらいでしょうか…
やはりビルマ風です。


足の方から。
足の裏びっしりと、千輻輪が表現されていますが、なんかふやけた足にしか見えない…


胴体部。
タイの涅槃仏は、結構適当なやつも多いけど、ビルマ風の奴は、結構しっかり体の形とか再現していますよね。
これなんかも、お腹のふくらみとか、腰回りとか…
もう少しデフォルメしてもいい気もしますが。


で、ご尊顔。
なんか白毫が、タイの王室マークみたいな形になってる…


Nov./'15
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
ターク…少なくとも、メーソートに行ったら、押さえておきたいスポットですね。
とにかくビルマ仏のオンパレードがすごいすごい。
涅槃仏単体でも十分お勧めできます。
場所も、メーソート市街と、国境の間ぐらいで、普通に来れば、大体通る位置にありますので、行きやすさもばっちり。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 16°41'55.02" N
 98°31'39.60" E



2 件のコメント:

Cougue さんのコメント...

マレーンポー様。
こんばんは。

Lekさんは昨年、マレーンポー様は一昨年に訪問されてますが
私はこの寺は2014年に訪問済みです。
当時既に動く仏陀ご一行様や巨大涅槃像はありましたが
2014年当時はまだ金メッキ調のシンハ像はありませんでした。

それにしても金メッキ調のシンハ像はデザインが格好いいですね。
いつかこのシンハ像を見に再訪してみたいです。

マレーンポー さんのコメント...

Cougue様
おはようございます。
当時シンハ像なかったんですか!
そんなに新しいものだとは気付きませんでした。
ターク…メーソートには、まだ行けなかった、行きたいところがいくつもありますし、私も是非再訪してみたいです。