今回の温泉で、タークミャンマー編も終了。
次は…小ネタを挟んで、クラビ編に突入します。
たーれっくさんとネタ被るかな?

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

30.8.17

Phrathat Doi Hin Kiu (Doi Hin Kiu Pagoda)/ Tak

ワットターイワッタナーラームの前の道を、ひたすら北に向かって10kmほど…
周りは畑だらけの農道を進んでいったところに、プラタートドーイヒンキウ(พระธาตุดอยหินกิ่ว)というスポットがあります。
まあ、少なくともお寺ではないのですが、パゴダっていうぐらいなんで、仏塔が売りなんでしょうね。


中に入ってとりあえず視界に入ってくるのは、ぶっちゃけこれだけです。
(他にもあばら屋みたいな建物あった気もしますが、どうせ大したことなさそうでしたし)


とりあえず正面の立像を拝観。
やっぱり色白なのは、ビルマ…じゃなかった、ミャンマーの影響なんでしょうかね。


で、その横には、このようなコンクリ像もあったりするのですが…
目的地は、その後ろから続く階段の、ずっと上の方にあるみたいです。


ゼェゼェ…
と言うことで、ご近所のお子様方に軽々抜かれながら、ひたすら階段を登って行く必要があります。


はぁ…
やっと休憩所みたいなところが見えてきましたね。
なんか休憩所の正面、山側に人工物というか、レンガで作られた壁?みたいなものがありますね。
何でしょう?


入口部。
なんか、洞窟?の入り口のところに、レンガの壁で装飾を作ったみたいな感じでしょうか。


中には、こんな感じのビルマ仏が安置されていました。


で、休憩所の方はこんな感じで、下から見た感じよりは、床とかきれいに貼ってあって、仏像も安置されているし、電気も通っているし…
思ったよりも頑張ってました。
でも、景色は全然見えませんが。
それで、目的地は、このもう少し先にあるようです。
これ以上は登らなくていいのが救いですね。


ということで、こちらのゴールデンロックが目的の物です。
周りの木々と比べてみれば、いかにしょぼいサイズかわかると思います。
確かに、石の方はちょっとbalanced rockっぽいですが…
もちろん、ミャンマーのゴールデンロックにあやかった物なんでしょうね。


アップ。
う~ん、こんなものを見る為に、わざわざこんな僻地まで来て、山登りして来たと思うと、ちょっと悲しくなっちゃいます。


当然、帰りはこれ下って行かなくっちゃいけないですし…
はぁ…


Nov./'15
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
確かにBalanced Rock自体は、まあまあすごいんですが…
サイズはしょぼいですし、山登りしなくちゃいけませんし、苦労に対しての対価としては、わりに合わないような気がします。
まあ、私みたいな体力無い人ではなく、バリバリアスリートで、こんな階段屁でもない人には、十分な対価を得ることが出来るかもしれませんがね。


Google earth 座標(分かるやつだけね)

 16°45'39.03" N
 98°29'32.56" E


0 件のコメント: