実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

今回の地獄絵寺で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

17.12.08

Wat Phrathat Doikham / Chiang Mai

チェンマイ空港の西に連なる山の麓に、一般のチェンマイツアーではそれなりにポピュラー?な、チェンマイサファリがあります。
(下の写真正面がそうです)
が、もちろんそんな日本でも見られるものなんかに興味はありません。
今回の目的地は、サファリの奥の山の上にポツンと見える白い点…あの大仏のあるところです。


ということで、バイクで登ること5分程度…
早速大仏様がお出迎えです。
ここはさっきのところとは違い結構繁盛しているようです…もちろんタイ人にのみですが。
しかし、金髪なんでしょう…服はまだ分からないでもないですが。


近くでドン。
ざっと15mぐらいでしょうか…
妙に下膨れなご尊顔をしていらっしゃいます。
手前の小さい仏陀…身分不相応?なデカイ傘を纏っています…


と思って大仏の後ろを覗いてみると…
こっちの大仏様の傘、なくなっているじゃありませんか(多分)。
取れちゃったんで、仕方なく大仏様の前に飾っているのでしょうか…


大仏の正面には本堂とかが集まっているようですが、そこまでの参道には、ところどころに像が配置されています。
これは、いつもの虎柄爺さん…だとおもいますが妙にリアルな作りです。


こっちのガラスケースに入ったおねちゃんは何でしょう…たまに見ますけど。
上にタイ語で説明書いてあるっぽいですが…調べないのが花ってもんでしょうか?


これはちょっと変わってますね。
お供え物でしょうか…


ちなみにこのお寺、ワットプラタートドーイカム(วัดพระธาตุดอยคำ)といいます。
って看板に書いてあります。


入り口横には、プラメートラニ(豊穣の女神)像が…
まあ、10点満点として2~3点程度の出来でしょうか。


回廊の中に入ると、最初に飛び込んでくるのはこの仏塔。
100%北タイ様式の塔のようですね。
サイズ的にはドイステープのよりはだいぶ小さいようですけど。


塔と本堂?を中心に回廊が周りを囲んでいて、その壁際にはこのように多数の仏陀が安置されています。
この手の構造はタイでは一般的なんでしょうか…?
たまに見ますけど、良くは見ない…って感じです。


こちらは金箔タンブーンのようです。
男の子が熱心に○玉に貼り付けています。
かなり人気なのか、たくさんある金○はすべて金箔がベタベタに貼られちゃっています。


謎の絵…なんでしょうね?
上手いのか適当に描いたのか、ちと判断に苦しみます…


こっちは何かの女神様(プラメーなんとかとか書いてあるから)らしいですが…大分めんどくさくなってきました。
女神様も両脇のお猿さんも、かなり微妙な造形です…が、タイ人は熱心にお祈りしています。
(タイ人の頭写ってますよね??)


これは…さっぱり分かりませんが、なんとなく達磨さんみたいな顔しています。
でも、タイでは”ヤック(鬼)みたい”になるのでしょうか…


ちなみにこれが塔の裏側にこそっと隠れている本堂の中です。
消火器のサイズを見ても分かるようにかなり小さくこじんまりしています。


小さいところに、無理やりいろいろと詰め込もうとするもんで、ご本尊様の前はもうこんな有様です。


ちなみにこの回廊をさらに突っ切ると、展望台?に出ます。
目の前にさえぎるものがないので、かなり見晴らしよしです。
(ドイステープみたいに高くないですし)
この写真の真正面が、先のサファリです。


ちなみに…麓の登山口に謎の廟があり、怪しげな夫婦の像が並んでいます。
どうも爺さん婆さんらしいのですが…
何故か爺さんの口からは牙が飛び出ていますし…やっぱりお化けの類なんでしょうか…(未確認です)


Nov.'/08
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
お寺の規模としてはそれほどでもないですが、タイ人にはそれなりに人気のようです。
ただ、場所は簡単(サファリからさらに奥に行くだけ)なんですが、実際にいく交通機関は、多分サファリまでしか行かなさそうなんで、なんらかチャーターするなりしないと難しそうですね。
これ!と強く押せる売りがない(しいて言うならあの大仏)ので、無理に来る理由はないでしょうね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
18° 45'37.08" N
98° 55'05.24" E


View 変スポ in a larger map

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

このサファリって花博会場のすぐ横でしたか?花博会場は今、どうしているんでしょうね、懐かしいですね。山の中腹に確か白い大仏が見えたように覚えてますが、それがこの寺かもしれませんね。無論、行ってません。

匿名 さんのコメント...

あれ、名前が入れられない。(コメント一号) 強制排除かな?

マレーンポー さんのコメント...

サファリは花博会場の横のようです、下記ブログによると。
http://blog.livedoor.jp/ryo_bkk/archives/50543394.html
でも…私初チェンマイが去年なので、当然行ってません。
しかし、何で名前入れられないんでしょうね…
そのような設定変更していないんですけど。
ちなみにこのコメントは、一般人として入力してみました。
UPされてますよね?

コメント一号 さんのコメント...

あれま、自分でインタネットセキュリティレベルを変更したからでした。このサファリがタクシンさんの物ですよね。