実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

今回の地獄絵寺で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

15.12.08

Wat Ton Kwen / Chiang Mai

チェンマイ空港の南西の閑静な住宅街。
その中にこのワットトンクウェン(วัดต้นเกว๋น)はひっそりと建っています。
この看板が目印…読めませんが(でもすぐ横にアルファベットの看板もありますけどね)。


境内はこんな感じ…一応観光地だとは思いますが、観光客はおろか、参拝客もお坊さんすら見当たりません…
もちろんタイのお寺でおなじみ、宝くじの売り子さんも誰もいません。


左手の壁のない建物?はこんな感じになっています。
開放感あふれる作りと、床のコンクリ張り?のテカテカが、なんとも涼しげです。


その涼しげなところから眺めた本堂?です。
ずっと金ぴかのお寺を見てきた身にとっては、こんな地味なお寺は逆に新鮮です。
(タイ人にとってはまったくつまらないんでしょうが)


中はこんな感じ…
かなり古そうな雰囲気ですね。


ご本尊様はこんな感じです。
何故かお口周りに紅さしています。
しかし…これひとつとっても、金箔ひとつ貼られていないところを見ると、タイ人からはあまり信仰の対象として扱われていなさそうですね。


Nov.'/08
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
上記にも書いたように、特にタイ人はほとんど関心なさそうな雰囲気です。
ここ、どちらかというとお寺というより遺跡的な扱いなんでしょうか…
そういわれてみると、外の塀もなんとなく遺跡っぽく見えてきます。
まあ、たしかにお寺としては金ぴか派手派手が信条のタイのお寺としては、異端なのかもしれませんね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
18° 43'22.38" N
98° 55'31.09" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: