実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

あと…次のお寺(15日UP)で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

1.12.07

Koh Samet / Rayong

再訪


さて、サメットに行くのも何回目でしょうか…
でも、今回は会社のタイ人と一緒なんで楽チンです。
(全部お任せですからね)
天気が悪いのは、まあ仕方ないところです。
ああ、これはバンペーのpierです。


ビーチはお約束のサイゲーオビーチ。
(まあ、近いですし)
波はちと高いですが、空も晴れてきて、エントリーも行けそうな雰囲気になってきましたね~


な~んて言っている側から、雲行きがかなり怪しくなってきましたよ~


やばい、雨降ってきた…
今日はダメダメですね~
まともにエントリーも出来ませんでした…残念。


ということで、1週間後にリベンジに来ました。
って、実は、たまたま別で会社の日本人の皆様とサメット島旅行を企画してたんですけどね。
今日は天気も良く、波も穏やかでいい感じですね~


そういえば、サメット島自体のシュノーケリングツアーに参加したことなかったんで、今回初参加してみることにしましょう。
1ヶ所目は、東海岸の南のほう…
(正確な場所は分かりません)
早速エントリー。


ちょっとトロピカル度は低いのは相変わらずですが、スズメダイは結構いっぱいいます。


サンゴもごつごつといっぱいあります。
オレンジのとか多くて綺麗に見えますが…
白いのって、もしかして白化しています??


せっかくなんでオレンジ君のアップをば…


お次は南端を回って、一気に西海岸へ。
やはり砂地のほとんどない西海岸は、結構波が強いですね~


ポイントについたみたいです。
エメラルドグリーンで、綺麗に見えますが、なんとなく濁って見えます。
いやな予感しますね~


う…
ほとんど何も見えません…
これはヒドイです。
(まあ特にひどい写真ですけど)


これぐらい寄れば、なんとか写るんですけどね~
ちなみにこの後、例の生簀に連れて行かれるんですけど、まあ割愛していいですよね。


ということで、お約束の晩餐は、浜辺のシーフードBBQ。
ビールもうまいし、も~最高ですね。


なんか知りませんが、砂浜ではファイヤーダンスしていました。


ちなみに、今回行ったのは、このプログラムBで、先回タル島とかに行ったのは、プログラムAになります。


May/'10

以下過去の記事

バンコクから日帰り可能な南国の島サメット島(เกาะเสม็ด)。
ラヨーン県のバンペーより連絡船で30分(50B)の距離です。
ここがサメットの北側にある港の桟橋です。



9月に行ったので少し曇り気味でしたが、白いサンゴの砂と青い海は十分に発揮しています。
※写真はAo Sai Kaew(サイケオビーチ)



OFFシーズンなんで観光客の姿は比較的少なめ。



Ao Lung Dam(ルンダム湾…サメットでもだいぶ南の方)にあるバンガローを確保し、島の最南端西海岸にある、シュノーケリングサイト(って看板がある)でシュノーケリング。



海の透明度は、雨季…というのも差し引いても、砂浜が殆どないこの島西側としては、透明度はいまいちです。



サンゴは結構ありますが、カラフルなものは少ないですね。
魚も南の海…的な青や黄色、赤…いわゆる普通の人が考える熱帯魚は見当たりません。
(アイランドホッピングに行くような沖ノ島に行けばいるという噂ですが)



まあ、まったくカラフルなサンゴがないわけではありませんけどね。



でも、イソギンチャクとクマノミ(ハナビラクマノミ?)は結構いるようです。



もちろんスズメダイもいるんですけど、透明度のせいか、トロピカル感あまりありませんね。



今回は、最初に書いたとおり、サメットのかなり南のほうに宿を取ったんで、人口密度もかなり低め。
(少なくとも日帰りタイ人やバックパッカー+αレベルの外国人はこっちのほうにあまり来ないみたいです)
目の前の海はこんな感じで、ぜんぜん人いません。



バンガローのデッキはこんな感じで、ここを一人で独占です。
(すでにビール2本飲んでます)



オーシャンビューで、くつろぎながらビールをガブガブ…
く~っ!幸せ~



ちなみに先のサイケオビーチにはこんな物が海岸にあります。
微妙に造形がおまぬけです。
でも、これらは、あのクンチャーンクンペーンでタイ人に有名な、スントンプーの抒情詩プラアパイマニの舞台になったところだから仕方ないんでしょうね。
これらもそれに出てくるキャラらしいです。
(詳しいことは知りませんけど)



実は私サメット島に来るの四回目だったりします。
東の海岸にもサンゴとかありますよ。
サイケオビーチの北の岩場あたりとか…

Sep./'07
評価
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
寸評
バンコクより日帰り可能で、パッタヤ(かラン島あたり)よりもリゾート気分、南の島気分を味わえるのが一番の魅力です。
シュノーケリングはぼちぼち…期待し過ぎないほうがいいでしょう。
砂浜から見ている分には、十分に綺麗です。物価は高いです(高め…ではない)。
まあ、お金出せばチャーン島近辺とか、サメットの東にもリゾート島(そのリゾートに泊まらないといけないような島)もありますが、日帰りはムリでしょうね、でもサメットよりも海が綺麗そうですが…
ってことで、★3つ…県レベルの代表ってことです。ラヨーン内なら誰が言おうと代表スポットですけどね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
12° 34'24.51" N
101°27'50.44" E


View 変スポ in a larger map

2 件のコメント:

コメント一号 さんのコメント...

私も何回か行ったけど、それでも又行きたいですね。何もないけど。

マレーンポー さんのコメント...

同感です。
初めて行ったときは、ちょうど中国正月(2月)だったのですが、多分そのときの海が一番きれいだった記憶があります。
(そのころは水中カメラ持ってなかったんで証拠ないですけど…)
今年…ああ、来年も行けたらそのころ行きたいですね。