Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

22.2.19

Wat San Paolo / Lopburi

ロッブリ旧市街…の手前までやってきました。
この、城壁の外にも遺跡があるんですよね~
知らんかったよ。



名前は、ワットサンパオロー(วัดสันเปาโล)といいます。



まあ、細かいことは各自これを読んでいただければ…
とりあえず、ここはナライ王時代の星見櫓ってことのようです。



しかし、下手な旧市街の遺跡よりもきれいに整備されていますね~



こんなのもあるよ。
日本語ないけど。



この橋の向こうが遺跡エリアのようです。



とりあえず、遺跡の角地から全景を撮ってみました。



右も…



左も…
基本、基礎と言うか壁の跡と言うか…
四角く囲われた、こいつらしかありませんね。



一応パノラマでも…
まあ、いいんですけどね。



メインはこちらの、星見櫓部分なんで。



土台部分が8角形なのを見ると、櫓ももともとはそうだったんでしょうね。
今は壁の一部しか残っていませんが、まあむしろこんな残り方しているのがすごいですよ。





その壁はこんな感じ。
まあ、内壁ですし、装飾も何もないですよね。



で、こちらが外側から見たところ。
こっちも何もない…?



と思ったら、木に隠れている部分に、漆喰とかが残っているようです。



でも…



ちっとも見えないよ~



あ、当時の想像図発見。
本当にこんな感じだったのかな~



当時の地図にもちゃんと載ってたんですね。
ロマンティック~!



Sep./'18
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
ぶっちゃけ遺跡としては、どちらかと言うと微妙なんですが…
やっぱり、タイで他に聞いたことのない、星見櫓の遺跡という希少価値とロマンティックさが売りですかね。
旧市街地からも歩いてこれる距離ですし、他の遺跡に飽きた方は、ロマンを求めて来ても…
ただ、人が来ないところなので、女性一人はあまりお勧めしませんが。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°47'41.8" N
100°37'10.2" E



0 件のコメント: