ウボンラチャタニ周遊編3日目編始まりました。
新規6か所+再訪1か所を予定しています。

ウボンラチャタニ周遊編の後は、バンコク東部1Dayトリップ編へと続く予定ですのでお楽しみに。
…だいぶ記事を書き溜めたストックが尽きてきたよ。
どこかで、1日1記事に減らすかも…


解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

6.2.19

Wat Khoi / Phetchaburi

ペチャブリ市街地にある、大涅槃仏を要するお寺、ワットプラプッタサイヤート
このすぐそばに、ちょっと気になるお寺があるのでやってきました。



ああ、ここ、ここ。
名前はワットコーイ(วัดข่อย)というようです。



境内に入って一番目立っているのが、こちらの建物ですよ。



とりあえず手前の木の下にあった水場。



建物の正面にやってきました。
う~ん、塔なのかお堂なのか良くわかりませんね~



右側の人達。



入り口を守っているナーガ君、



で、左側の人達…
良く見たら、右の4つ首さんが、ブラフマー神で、この緑のがインドラ神って書いてあった。



あ、建物の名前が書いてあった。
とりあえずプラタートって書いてあるので、仏舎利か何か、聖なるものを収めている建物ってことみたいです。



建物本体。
タイのお寺とはちょっと違う建築様式っぽいです。



壁のこの文字、何語?
ミャンマー語でしょうか…



これは街灯かな。



建物下部の壁の周りには、いろいろな塑像が配されています。




で、入り口脇の、象鼻の聖獣さん。



では、中に行ってみましょう。



おお、なかなか豪華そうですね~
そして、天井が低い!



と思ったら、真ん中だけ天井高いんだ。
てっきり仏陀の頭が天井突き抜けているかと思ったよ…



で、これが建物奥…ではなく、建物中央に安置されている仏像さん達。



上げ底がすごい…



そして、上に目を移すと…
天井はこんな感じになっています。



そして、周りはぐるっと1周、金ぴかの絵が描かれています。



まあ、お約束の仏陀の生涯のシーンですね。



で、周りの壁にも、壁画が描かれています。



なんか、タイのトラディッショナルな絵っぽくていいですね。
建物自体は新しそうなのに。




さてっと…
では、建物の周りをぐるっと、反時計回りで一周してみましょう。
しかし…
こうやって後から考えると、ほとんど反時計回りで回っている気がしてきたよ。
染みついた習性なのかな?



わんちゃん吠えないでね…
で、瓶の中からピーが!



その横、建物のちょうど裏手の壁には、なんかすごそうなレリーフ壁が立ちふさがっています。



テーマは…
なんでしょうね。
少なくとも仏陀の生涯では無さそうな感じ。



だって、周りの人々、現代人っぽいしね。



あれ?
急に昔の話に移った?
この洪水の絵、お寺で良く見るよね。



これが中央部。



洪水の中、海のクリーチャーに襲われている人たちを…



いちゃいちゃ天人が、他人事のように眺めている、とそんな感じかな?



一応、パノラマでも…
近すぎてさすがに全部入らんかったよ。



一応階段あるんだね。
思いっきり閉まってるけど。



その先は…
สวนพรรณวดี、パンヤウィディー公園?
パンヤウィディーってなんでしょうね、人名とかの固有名詞なのかな?



でも、あるのはこんな観音様とその仲間たちだったりしますけど。





あ、奥に何かあるよ!
わくわくの木だ~!



わくわく、わくわく。
マカリーポンとナリーポン、両方いるんですね。



ちなみに、『ワクワクの木』という呼び名の元、私も良く知らないのですが、ワクワク島に自生する、人間の形をした果実がなる木の名前らしいです。
と、こちらの紹介ページの下の方に書かれていました。



で、その正面、ちょうど先ほどの建物の横に、1本だけデカい木が立っていて、その周りをぐるっと円陣が組まれています。



仏陀だらけですな~
小物ばかりですが。



正面に周りこんでみました。
後ろの建物が邪魔でこれ以上下がれない&木が高すぎて全体が入らないよ…



ということで、無理やり縦のパノラマで写してみましたとさ。



これが仏像円陣部分。
つ~か、円陣内に入ると、今度は円陣全体が写らない…



真ん中…



これは周り…
仕方ないですな~



また、パノラマに頼ってしまったでゴザル…



それで、この円陣の左斜め前、さっきの建物の正面側はこんな感じになっています。



あの3本の柱、なんでしょうね…



天人さん?



下にも仏像が座っていますが、まあうだつの上がらなそうな顔してますね。



こっちの方が、よっぽど…
ねえ。



こちらの建物は何かな~



とりあえず記念撮影!



では、ちょっくらのぞいてみましょう。








お呼びじゃなかったようです。



あとは、あの建物ぐらい?



ん?
これ、本堂っぽいですね。



周りのプララーフーさん達。



でも、こっち側、裏側みたいなんですよね~
仏像のお尻見えてるし。



正面側に周りましょう。




閉まってんじゃん。
また裏に戻らないと…



ということで、本堂内部。
少し、壁画の色遣いが地味なのをのぞくと、特に特徴のなさそうな見た目ですね。



ご本尊様。
まあ、どうでもいい感じかな。



で、先ほども言及しましたが、周りには地味な色使いの壁画が描かれています。



キャプ翼には勝てませんが、なかなかの等身を誇っています。



…ぶっちゃけ、あまり絵上手くないね。
作画崩壊していないから、面白さもないよ…


Aug./'18
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
見どころは、例の建物内外と、その周りのオブジェですね。
特に裏の壁レリーフと、ワクワクの木は、このお寺に来るなら押さえておきたいポイントです。
全体的にまとまっていていいんですけど、もう少しインパクトのあるものがあると、なお良いんですが…
半端な優等生みたいな感じ?

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°06'29.3" N
 99°56'28.9" E


0 件のコメント: