次からは、バンコク近郊のスポットを周ります。
ちょっとした地獄なども出てきますのでお楽しみに。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

8.5.17

Wat Chong Khae / Nakhon Sawan

ワットランカオのちょい北、国鉄チョンケー駅から400m程度のところに、その名もワットチョンケー(วัดช่องแค)という、そのまんまの名前の付いたお寺があります。
(まあ、タイの地場のお寺は、土地の名前付いているところ多いから仕方ないですけど)



とりあえず目を引くのが、この、山肌を埋め尽くすように(言い過ぎ?)建っている、塔の山。
もちろん、これはタイのお墓なんです。



一番上にある御堂には、かなりの体脂肪率を誇っていそうな弥勒様が、皆様のご冥福をお祈りしつつ、お墓を見守っています。
…ちょっとお顔からは、そのような雰囲気感じられませんが、きっとそうなんでしょう。



弥勒様からの眺め。
さすがに、八事霊園(愛知県民なんで…)みたいに、見渡す限り墓で埋め尽くされているといった感じはありませんが、まあ、この町近辺の人の墓だけだとすればやむを得ないところでしょう。



で、このお寺、山の脇にあるからなのか、境内の至る所に猿がいて、いろいろ悪さをしているようです。



こっちにはこんなたくさんいたよ…
まあ、日本の猿より小ぶりなのが、せめてもの救いですかね。
(日本の奴は、1対1でも怖いですからね。タイのは1対1では経験上攻撃してこない気がします)



ああ、別にお墓と猿を見に、この寺に来たわけでは無く…
この御堂の中にいる方に逢いに来たんですよ。



こちらの涅槃仏です。
サイズは…
多分15m程度ってところでしょう。
足元には、足の踏み場に困るぐらい、鳥のフン地雷がまき散らされています。



もちろん、涅槃仏様も汚され放題で…
掃除してもらえないってことは、あまり信仰を集めていないんでしょうかね。



お寺自体は、おそらくこの町の中心のお寺で、結構にぎわっているんですけどね~



ところで、このお寺の山の中腹には、こんな大仏(推定10m?)もあるんですけど…
もう、山登りする元気ないです…



Jul./'15
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
涅槃と座仏がすべてですね。
それ以外は、無理やり紹介したような、大したことの無い物ばかりです。
(でも、私はお墓の山があるのを知って、見に行ったんですけど)
駅の近くという利点があるのは、先ほどのワットチャンセーンと同じですね。

 15°09'57.52" N
100°24'54.64" E

0 件のコメント: