今週半ばに、日本に一時帰国します。
来週中旬に戻ってくる予定ですが、今週水曜日の更新を最後に、1週間ほど更新しませんので、ご了承願います。
ツイッターはやってる予定。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

24.7.08

Wat Ra Hun / Singburi

サラブリとアントンの県境にひっそりとたたずむ、ワットラーフン(วัดราหุล)。
境内に入ると、すぐに雰囲気が変わるのでわかりますが…
明らかに廃寺チックな感じが漂っています。
正面に見える建物の壁も壊れたままほったらかし…
もちろん野良犬どもも吠えまくりです。



それでも、一応お寺として機能している…それどころか、一応本堂?っぽいものを作っているようです。
まあ、確かにこんなけ客が来ないんじゃ、集客用?の本堂ほしいところですが…
手前の仏陀のたれ目具合もナイスな感じです。



しかし、境内のところどころに、手入れの行き届いていないところが見受けられます…
なんか遺跡みたいですよ。



こっちの講堂?の裏にも、無造作に4体の…脈絡のなさそうな組み合わせの像が並んでいます。
やっぱりこれらもタンブーンされている雰囲気ないですね。



境内の奥には、ナーガ階段…ではなく、スロープがあります。
この奥には…



ここのメインと思われるプラサート(かな?)があります。
明らかにこのお寺随一の派手派手さ…というか、他まともな建物ないんですけどね。



周りは、円を描くように、外側をむいたナーガが取り囲んでいます。
(一応全部頭つきです)
しかし…横の建物、なんか傾いていません??



…ああ、思いっきり地盤沈下しています。
きっと本堂作るためのお金を捻出するので精いっぱいで、こっちの修繕まで手が回らないんでしょうね。



ナーガスロープの正面には、こんな感じで仏陀とその仲間たち?が勢ぞろいしています。
足もとをよく見ると…



ああ…やっぱり食われています。
でも、個人的にこのお寺一番のお勧めは…



これ…なんかシュールでかっこよくないです?
何でしょうね?表面だけで、まるでマスクなのですけど、少なくとも大仏の胴体にくっつけるためのものとは思えません。
こんなのでも私の身長ぐらいのサイズありますよ。



Jun./’08
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
う~ん、好みが分かれると思うので、お勧めしがたいですが、人によっては気に入ってもらえそうな、マイナーなお寺って感じでしょうか?
プラサートもそんなに悪くないし、あのマスクもかっこいい?のですけど…
場所が田舎過ぎ??それとも…
(って、数km先に有名なお寺あるんですよ…次upしますが)
座標(分かるやつだけね)

14° 44'12.76" N
100°26'15.49" E

View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: