Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編、始まりました。
予定通り、再訪ばかり…
再訪10か所+新規2か所を予定していますので、お楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

22.12.17

Wat Ton Sai / Bangkok

先ほどのワットヤーンから、さらに奥に向かって、オンヌットソイ29までやってきました。
ああ、移動は徒歩&ソンテオです。
ソンテオが来たら乗って、来なかったらとりあえず歩くスタイル。
ということで、着いたのがこちらのワットトンサイ(วัดต้นไทรย์)。
この、タイ文字の例外の読み方、何とかならないですかね~
知らないと読めないや。
まあ、漢字も同じですか…



門の先は、まだまだ地元民の生活空間が広がっています。
そのソイ29をズンズン進んでいくと…



ああ、この先が境内の様ですね。



入って右手にあるこの建物が、タンブーンするところのようです。
とりあえず入ってみますか。



中はこんな感じで、ちょっと煩雑な雰囲気です。
で、そこにぎっしりと像が並んでいます。



正面のメインの方々(だと思う)。
中央手前のお坊さん、なんかよそ見していますね。
ちょっと変わっています。
で、その後ろにちっこいヤツ…天上天下君じゃないですか。
こういう雛壇に参加しているの、あまり見た記憶が無いです。



こちらには、山のような喜捨物が…
確かにこのお寺はあまり人気が無いようで、お供えセットの販売店とか見当たりませんでしたね。
喜捨する→業者に売る→業者が参拝客に売る→喜捨する…の無限ループが出来ないから、もらったものは全Keepってことでしょうか。



で、その奥には、本堂らしき建物が…
でも、やっぱり開いていないです。



その先は、プラカノン運河の乗り口っぽいですね。



う~ん、のどかです。
でも、お魚放流タンブーンセットを売る業者も、お魚餌やりタンブーンの絵さ売り業者すらいない…
いかに人気が無いかってことでしょうか。



え?
みどころですか。
まあ、本堂(だったかな?)の破風の仏陀は結構大きいですよ。



あとは、こちらのプラメートラニー様ぐらい?



Apr./'16
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
ぶっちゃけ、間違えて入っただけなんで、むしろ何もなくて当然、あったらラッキーってやつです。
もちろん、何もなかった方なんですけど。
とにかく、このプラカノン運河沿いは寺多すぎですよ。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°42'44.05" N
100°37'34.81" E



0 件のコメント: