Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

6.3.19

Suan Dainosao (Dinosaur Park) / Prajin Buri

未確認情報ですが…
GoogleMap上だと、すでに閉鎖扱いになっています。
(2019年9月現在)
詳細はわかりませんが、訪問される際は、自己責任でお願いいたします。



~以下本文~

お次は、カオヤイ国立自然公園の山際にやってきました。
すでに見えていますが、ここに謎の恐竜のコンクリ像が乱立する、謎の公園があるんですよ。
名前は…
表示等なかったんで、ここでは恐竜公園(สวนไดโนเสาร์、仮称)としておきます。



しかし、右も左も巨大な恐竜の像で埋め尽くされていますよ。




しかもどっちかと言うと、あまり学術的ではない、怪獣みたいなデザインのものも混ざっています。




どうです?
デカすぎません?



ドラゴン!



これ、ゲームとかからデザインパクったでしょ。



あんなところに岩山が!



翼竜がとまってるじゃないですか。
あそこに登れるのかな?
まあ、後で行けたら行ってみましょう。



あっちは?



鳥?
始祖鳥とか、そういうやつをイメージしているのかな。
では、園内を時計回りにぐるっと観察していきましょう。



こんな2本足で直立していた恐竜、いないっしょ。
ゴジラの影響だよ~



しかし…



すごいですな~
そこら中にわんさかいますよ。



しかも、結構毒々しい色しているのもいます。






ん?
エリマキトカゲみたいなのがいますが…
群れで狩りをしているところを表現しているのかな。



ん?



何、あの蛇!
あそこも行けるのかな?


















この辺は見覚えありますよ。
子供の頃の恐竜図鑑の常連さん達だよ。












あそこが最奥部ですが…
あの岩場、人工的なものかな?
あそこにも今後恐竜が増設されるんでしょうか。






おや?
なんか見慣れた姿がありますよ…



この背中のトゲトゲは…!!



ガズィーラ!
じゃなくて、ゴジラですね。
日本版っぽいし。




あんぎゃー!



しかも、ビル街に出現中の模様ですよ。



胸に穴開いてるし。
ちなみにさっきのゴジラとは別の個体です。
足元の土台の形が違うでしょ。



民主記念塔!
ってことは、この街は、王宮近辺ってこと?



しかし、何体ゴジラが現れれば気が済むんでしょう…
この写真だけで4体も出現していますよ。



無駄にデカい!



なんかおっさんと戦闘中ですね。




もしかして、一方的にヤラれてる?



ああ~っ!



ガズィーラ!
流石にこれは舶来意匠のやつですよね。





う~ん、すごい光景ですよ。
結局ゴジラ4体+ガズィーラ1体の、計5体いたってことですね。



そして、何故かガズィーラの後ろにはこんなのが何体も並んでいますけど。
なんというカオス。




こっちにもデカいのいるよ!
6本の手のやつは、アスラとかかな。



きゃ~っ!
旧市街が破壊されるよ~!!
ってことを表したんだよね、きっと。



このアスラ君、もしかして下半身未塗装ですか?



デカいけど。



街と比べてもこの通り!




街並み…
もう少しリアルに作ってほしいな~
塗装だけ気を使うだけでもだいぶ違う気がしますが。
あと掃除もね。







お次は…



ゴリラエリア?



胸の穴は…
のぞき穴です。
さっきのゴジラも、ドッキング可能な仕様になっているんですよ。



こいつらまさか、まさか…



キングコングとか?



さて、それでは満を持して?山に登るとしましょうか。



ここが登山口のようです。



蛇の胴体の巻き付き方がエグイ!



では、登山開始~



途中にある窓からは、蛇の胴体を観察することが出来るようになってます。
これ、本物だったら、ほぼ死亡確定ですね。




もうちょっと…



山頂に到着~



で、蛇とご対面~



…怪獣だよね。
リアルでこんな蛇、図鑑とかでも見たことないよ。



あ、もうひとつ小山があるよ。





こっちも登頂してみましょう。



ああ、最初の方でみた小山にいた翼竜じゃないですか!
こんにちは。



ってことは、この正面は、最初のドラゴンとかがいたところってわけですね。



では、ゴジラを眺めながら撤収しましょうか。



Oct./'18
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
すごい!すごいよ!!マサルさん!
いや~こんな僻地に、このデカさ、このボリューム、圧倒的です。
しかも、どちらかというと、真面目な恐竜パークではなく、ちょっと怪獣入ってたり、ドラゴンがいたり、ゴジラが市街地で暴れていたり…
このブログ的には、そういう可笑しさのある方が、ポイント高いんです。
さらに素晴らしいことに、入場料もなし!
つ~か、この後行くところも含めて、造成中…というか、作りかけで放置中?のリゾートみたいな感じしますけどね。
どうなんでしょう。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°10'54.0" N
101°33'26.2" E



0 件のコメント: