Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

12.3.19

Munnithi Phra Phuttha Jao 5 Phra Ong / Nong Khai

ワットプッタニコンから、ちょいと奥の方に入って行ったところに、謎の宗教施設があると聞いてやってきました。
下の黄色い文字からすると、ムーンニティプラプッタチャオ5プラオン(มูลนิธิพระพุทธเจ้า๕พระองค์ )…
プラプッタチャオ5プラオン財団ってこと?
で、プラプッタチャオ5プラオンって…良くわからんけど、ググると5人の仏陀が力を合わせて~な画像が多数引っかかるんで、まあ有名なんでしょう。



見てのとおり、入り口を入るとすぐのところに、小さなサーラーがポツンと建っています。
そして、未整備な赤土の通路が、奥へと伸びていってます。



サーラーの中は…
どうでもいいのでスルーします。



赤土道を奥に進んでいくと…
ああ、見えてきましたよ、怪しげなものが。



不思議な形の仏塔というか、傘と言うか…
なんか良くわからないものが、8本ほど立っていますね。



あ、ポツンとサーラーが建ってたよ。



これ、誰でしょうか。
とりあえず、そのポーズじゃ、まともに弓、引けなくない?
狙いもつけられなさそうだし。



あ…



こっちはガネーシャさんだよ。
どういうご関係なんでしょうか。



では改めて…
謎の傘の下には、それぞれ仏塔が収まっているんですね。
なんか見たことあるデザインのものも、チラホラと見受けられますが。



こんな感じ…
傘の意味良くわからないね。
って、あれ?
これだけ、下が建物みたいになってるよ。



とりあえず仏塔らしきもの。
多重構造の屋根は、ただの飾りです。
偉い人にはそれが分からんのですよ。



で、中は…



まあ、このサイズですからね~
期待もしていませんでしたが。



では、改めて中央部分を…



中央に、白い仏陀?が陣取り、その周りを、緑の5人の戦士が取り囲んでいるといった配置になっているようです。



中央の白いやつ。



サイズは、まあ大したことないですな。



緑のやつらは、真ん中の白いヤツよりも一回り大きいようです。



では、左から順番に…



で、誰?
一番上のが、それぞれの名前くさいんだけど…












…布の色以外に、外観上の違いが判らん…



その、最後の戦士の横、白いやつの左斜め前にも、なにかありますよ。



う~ん、サーラー内は、小物が多いですな~
サーラー自体が小さいので、サイズは仕方ないんですが、もっと面白いものを!



では、周りにあるものを愛でつつ、ぐるっと反時計回りに移動するとしましょう。



なかなかデカいサーラーですね。



う~ん…




出来はいいのですが、既製品感がぬぐえませんな~
もっと尖ったやつはいないのか?




あ、奥にも大きなサーラーがありますね。



と、その前に、その脇にこんなのいたよ。



最終的には、立像になるんでしょうかね。
それともこのまま?



で、サーラーの中はっと…



ああっ、仏陀の体が真っ赤だ!
仏陀の怒りは大地の怒り…



ううん…
これ、上がっていいのかな?
と思ってたら、お坊さんが「ダーイカップ」だって。
では早速…



こんな感じで、気になるのは正面のやつですよね。
右のやつは、さっきの怒りの仏陀です。



でも、その手前に、なぜか仏足石が横に4つ並んでいて、行く手を阻みます。



まあ、この位置なら望遠で十分なんですけどね。



う…エネルギー吸収されそう。



こちらのサーラーは…



5連陀!
ちゃんと5色揃ってますよ。
白っぽい桃色も含めると…
桃色も含めるとね!



しかし…



どうも、むやみに小さいサーラーばかりがあって、中の方々もなんか中途半端な感じがしますね。



ようやくこの辺り。



なんちゃって~
って、歳バレれますな。




これ、プミポン前国王出家のお姿?
なんか、メガネかけている、若いお坊さんの像を見ると、みんな前国王に見えてきてしまう…






あ、もう一個、塔の下が建物になっているやつあったよ。



まあ、中は知れていますけどね。




で、ぐるっと1周っと。
これで正面まで戻ってきましたよ。



それで、この人誰?



ああ、ナレースワン大王ですか。
鶏がいないからよくわからんかったよ…



じゃあ、次行きますか。



Oct./'18
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
真ん中の白いやつと緑の戦士たちを含めて、いろいろな像やその他が多数配置されていて、なかなか楽しめましたよ。
でも…
強くお勧めできるかと言うと、微妙かも。
ぶっちゃけ、キャラが立ってないんですよね。
もう少し、売りになるものとかあると良かったんですが…
それよりも、お隣のお寺の仏塔が、ちょっと気になるんですけど、このときは行きそびれてしまいましたよ…
ガックシ。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 17°57'53.8" N
102°54'34.1" E



0 件のコメント: