今週半ばに、日本に一時帰国します。
来週中旬に戻ってくる予定ですが、今週水曜日の更新を最後に、1週間ほど更新しませんので、ご了承願います。
ツイッターはやってる予定。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

24.3.08

桑井川神社(Chinto Park) / Kanchanaburi

カンチャナブリ市街から更に北上すること約10km。
Ladayaと言う町の橋の袂に、この桑井川神社があります。
畑と林ばかりの道を走っていると急に現れるこの和風?の入り口。
ちなみに手前の道は地元の人には”ジャパンロード”と呼ばれているらしい…



一応日本人の力で作られたらしいですが…これはさすがにタイ人筆でしょう…



これが入り口の鳥居のようです。



鳥居をくぐると参道??が続きます…さすがにあんまり日本っぽくないですね。
気候のせいだと思いますが。
正面中央には石碑がそびえ立っています。



”平和記念慰霊碑”だそうです。
碑の周りにはここを建設するにあたって協力寄付したと思われる方々の名前がびっちりと刻まれています。



というか、ここのほとんどは、このような記念碑その他の石碑で構成されているようです。
これは”東南亜平和の礎”だそうです。



”憂国無私”の碑…国(もちろん日本でしょう)を憂う心が読み取れますね…



”大和魂”…??あまり平和とは関係なさそうですが、ともかく日本を愛する心のなす言葉なのでしょう…多分。



”大儀滅親”…これって”親族等を犠牲にしてでも君主に尽くす…”っぽい意味ではないでしょうか…?? 私にはよくわかりませんが、ともかくググって見てくださいな。



さて、ここが本題の神社部分の入り口のようです。
ちゃんと鳥居も狛犬っぽい物(かなり小さいですけどね)も備わっています。



これが神殿部…ちゃんと鈴も備わっています。
ってか、そういえば今年日本に帰っていないから、初詣まだだった…
…ってことで無事初詣終了。
めっちゃ暑かったですが…



ここが出来た経緯…らしいです。
私が説明するのもアレなんで拡大して読んでみてください。



こっちは”カンチャナブリ賛歌”。
ご丁寧にタイ語の歌詞も併記されています。



こちらは”鯉のぼりの由来”碑。
と言っても鯉のぼり誕生の由来ではなく、ここにこの”鯉のぼりの由来”を建てた由来が書かれているようです…
なんか矛盾しているような気もしますが…まあいっか。



”風林火山”の碑。
神社、平和、慰霊と何の関係があるのか…と思ったのですが、よく考えたらここは諏訪にある神社の分社(って言うのかな??)らしいので、きっと武田信玄から取ったのでしょう。



茶屋…お休所だそうです。
誰もいないし何も無いですけど…



ちょっと悲しくなる碑文ですね。
ともかくご冥福をお祈りいたします。



こっちは”動物慰霊碑”だそうです。
何で馬の人形が…と思ったら、戦争で無くなった軍馬の慰霊碑のようです。
なんで軍馬慰霊碑じゃないんだろう…



ああ、我々の周りをうろうろしていたおじいちゃんが居ましたが、どうもここの管理を任されている人のようです。
色々話し掛けてきたり説明してくれたり…タイ語ですが。
で、最後にノートへの記帳も求められました。

Mar./'08
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
凄いか凄くないか…というと、別にあんまり凄くないような気もしますが、なんせタイで唯一初詣が出来るんですよ!
タイにある日本の神社なんてここだけでしょう。
それに、写真を見ても分かるように、結構公園としても整備されているようです。
まあ、ともかく僻地にあるので、行くのが大変な事が難点でしょうが…
ちなみに↓これ公式ページ(多分)
http://www.heiwakinen.com/index.html

Google earth 座標(分かるやつだけね)
14° 05'54.12" N
99°24'44.18" E


View 変スポ in a larger map

2 件のコメント:

コメント一号 さんのコメント...

桑井河は音訳ですね。意味的には水牛ですか。これらの石碑は日本から持ってきたとしたら輸送が大変でしたでしょうね。人だけ来て、こちらで彫ったのかな。

マレーンポー さんのコメント...

本文に添付したアドレス見ると分かりますが、現地の石を持ってきて、(多分)現地人が原稿に合わせて彫ったようです。
ちなみにクウェーは”แคว”なので、水牛でもバナナでも、もちろん”アレ”でもなさそうです。
でも意味はわかりませんが…