Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編、始まりました。
予定通り、再訪ばかり…
再訪10か所+新規2か所を予定していますので、お楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

3.11.17

Phrathat Chedi Daen Sayam / Ratchaburi

アルパカヒルの前を走る4019号線から、さらに脇道に入り、山道をズンズン進んでいきます。
途中、猿の群れの妨害を受けながら進んでいったところに…



ありましたよ。
こちらが、目的の場所、プラタートチェディデーンサヤーム(พระธาตุเจดีย์แดนสยาม)です。



とりあえず、目に飛び込んでくるこの仏塔ですが、北タイっぽい…
というより、ミャンマー様式…いわゆるパゴダなんでしょうか。



ぶっちゃけ、めちゃくちゃ僻地で、周りに何もないようなところなんですが、予想以上に整備されていますね。



撮影ポイントらしいところ。
さて、上記にも書いたように、ここはめちゃくちゃ僻地の、ちょっとした丘の上にあります。
どれぐらい僻地かと言うと…



さっき、目の前の道(ダート)を通ってきました。



で、左手というか、西側には、小さな集落があるのですが…
これ、少数民族というか、タイとミャンマーの国境間を行き来している方々の集落なんでしょうかね。
(確証はありませんが、それっぽい感じ)



その西側の山の向こうは、もうミャンマーってことですね。
地図上だと、直線距離で3~400m程度。
さっきの集落の向こうの方に、国境をまたいでいる道?っぽいものもあるようです。
(行く勇気はありませんが)



さて、最初の写真から写っていましたが、ここの目玉?は、こちらのゴールデンロック…
所謂バランスドロックです。
ちょっと逆光気味ですね…



ということで反対側(正面)から。
サイズ的には、ぶっちゃけ小さいですが、手前の社も含めて、結構きれいな状態が維持されているようです。



アップ。
でも…
あまりバランスドロック感ありませんね。
どっちかというと、どっしり構えている感がありますね。



ところで…
ここは、規模的にお寺と呼べるものでは無いようですが、一応礼拝所なんかは常備されています。
こんな程度ですが。



なので、ご本尊様もこんな程度です。



でも…
とにかく自然の中にあるので、緑とか花とかきれいですね。
バナナも自生していましたし。



Dec./'15
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
ぶっちゃけ、仏塔やバランスドロックとしては、きれいですが規模も小さく、大したものではありません。
ラチャブリの最奥&ミャンマーとの国境(開かれていないどころか、おそらくオフィシャルのものではない)という立地と、見ての通りの大自然を楽しむところなのかもしれません。
とにかく、僻地感は半端ないです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°40'00.81" N
 99°10'32.77" E



0 件のコメント: