ウボンラチャタニ周遊編3日目編始まりました。
新規6か所+再訪1か所を予定しています。

ウボンラチャタニ周遊編の後は、バンコク東部1Dayトリップ編へと続く予定ですのでお楽しみに。
…だいぶ記事を書き溜めたストックが尽きてきたよ。
どこかで、1日1記事に減らすかも…


解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

10.11.17

Ko Bulon Le (Bulon Le Island) / Satun

2015年末の冬休み。
今年はブロンレー島(เกาะบุโหลนเล)に行くため、南部ハジャイにやってきました。
(なぜか一般にはブロンリー島と呼ばれているみたいですね。英語読みだからかな?)
とりあえずは、空港から市街に行く途中にある、新バスターミナルにやって来ました。
ちなみに、街に行くソンテオで、途中で下してもらいました。



9番のパクバラ行の窓口でロットゥーのチケットを購入。



これに乗るようですね。



ということで、1時間半ほどかけて、パクバラ港に到着しました。



さすがにこの辺りの島々の起点となるだけあって、道路標識…というか、海路標識には各島への距離が記載されています。



…なんか理由は良くわからないのですが、港ではチケットを売っていないので、周りのツアー会社でチケット買ってこいだそうです。
適当に見繕ったツアー会社で、往復チケットをGet。



あらためて、港に向かいましょう。



入口では、エントランスフーを20B取るようですね。
まあ、タイ人も同じ価格のようなんで良しとしましょう。



さすがに金を取るだけあって、内部は結構ちゃんとしたつくりです。



待合室もこんな感じ。
ただ…
椅子がほとんどない!おかげで中には人はあまりいませんね。



こちらが船の停泊場所のようです。
前方のお客さんたちは、どうもリペ島行きみたいです。
やっぱ人気ありますね~
人多すぎです。



我々ブロンレー組はこちらのスピードボートを使うようです。



出発!
さらばパクバラ港。



ということで、30分ほどでブロンレー島が見えてきました。
ちょうど正面に見える東海岸に、今回泊まるリゾートがあるはずなんですが…



なぜか時計回りにぐるっと北東の湾まで周って来ました。
こっちが遠浅で船をつけやすいからでしょうかね?



現在位置はここ。
(You Are Here!のところ)
ここから東海岸まで歩いて行かなくてはならないようです。
まあ、荷物はリュック一つなんで何とでもなりますけどね。



ということで、歩いて移動。
ちなみにこれは、島最大の?メイン道路(東西を通っているやつ)。
自動車は存在しないようで、荷物等の移動は、トラクターの牽引で行っているみたいです。



峠を越え、何とか東海岸に到着。
このような道なのかどうなのかわからないところを進んでいくと…



ああ、見えてきました。
あれが、今回宿泊予定のPansand Resortです。
ブロンレー島ではまあまあいいリゾートみたいですね。



宿泊するバンガローはこちら。



まあ、オーシャンビューと言うには、少し遠いですが、2~30秒でビーチという距離なんでOKとしましょう。



リゾートの前はすぐにビーチ。
しかも正月休みなのに、人ほとんどいない!
さらに言うと、中国人とか韓国人とか全くいなくて静かです。
(白人と、少し日本人がいました)



綺麗ですね~
すぐ入りたくなりますね~



でも、とりあえず移動で疲れたんで、リゾートのレストランで一服しますか。
ん?明日の夜はガラディナーみたいですね。
(今日は12月30日)



ぷは~っ!
旨い。
オーシャンビューで飲むビールは、味が違いますね!なんてね。



ちなみに、ビーチのパノラマ写真はこんな感じ。
まだ3時前と言うのに、人はまばらです。
でも、まあ今日は泳ぐのは止めておきますか。



ちなみに、近所にあった、島唯一?の警察署。



翌日…
昨日は砂浜狭いな~って思っていましたが、満潮だったんですね。
結構砂浜広くなっています。



せっかくなんで、島を散策してみることに。
まずは、リゾートからまっすぐ北に行ったところにあるビーチに向かいましょう。
他のリゾート?とかを抜けた先のアレですね。



なんかこっちは、潮が引いているのもあると思いますが、岩場ばかりみたいですね。



う~ん、ちょっとエントリーをする気は起きませんね…



ということで、今度は南端のビーチへ。
なんか、めっちゃたくさんロングテールボートがありますね。



って、海めっちゃ汚い!
しかも遠浅のようですね。



どうも、この辺りは、島唯一?の集落というか漁村みたいで、観光客が来るようなところではなさそうです。
(ネットでは、安いからと、この村に食事に来た強者もいたみたいですが…)



ということで、やっぱり東海岸が一番条件良さそうですね。
では、今日はこちらでエントリーしますか。



でも、その前に腹ごしらえ&ビール。



リゾートの前のビーチも、潮が引くと、岩がところどころに現れるようです。
とりあえずエントリー!




う、前が見えない…風が強く、波も少し高めだからかな?



でも、少し先に行くと、すぐにまともになります。
波打ち際だけみたいですね、あんなのは。
砂地が続いた後は、こんな感じに、砂地の合間にサンゴが点在するような感じになります。



この辺りは、ラグーン(礁湖)になっていて、波も穏やかなんで、こういう小魚がたくさん集まって来ているようです。



さらに進むと、サンゴの率が増えていくのですが…
ちっとも深くならないですね~
すぐに手や足がサンゴに触れそうになってしまいます。



こんなに沖まで来たんですが…



でも、もう少し先に進んでいくと、少しづつ水深も深くなり、スズメダイなんかも増えてきます。



どうもこの辺りが、サンゴ礁の端辺りのようで、ここから先は急に深くなるような感じになっています。
でも、浮遊物が多くて、底の方まで良く見えませんけど。



視界があまりよくないので、ついつい近場のものに食いついちゃいますね。
(良く見えるからね)



しかし…
もう少し澄んでいれば、きれいなんでしょうけど…



と思っていたら、結構きれいなところもありました。
礁の内側で、波の影響の少ないところは、比較的マシなようですね。



雑魚の群れ。
砂地でもサンゴの無い岩場でも、どこでもいますよね、こいつら。
人も恐れないし。



でも、ちょっとそれると、途端に濁ったエリアに突入…



となると、きれいなところで泳いでいたいのが人情ってものです。
でも、スズメダイとかのサンゴ礁っぽい魚の量も減っちゃうのが痛い…



あ、イワシの群れ。
旨そう…
と思ったことは一度もないですが。
(小さいですしね)



でも、大物はあまりいませんが、ぼちぼち魚も多いし良いですね~



ちなみに、今いるところはこれ位ビーチから遠いです。
さすがに足着かないので立ち泳ぎで撮っています。



ということで、今日のところはこれぐらいで引き上げて、軽く腹ごしらえ&一杯頂きますか!



リゾートの敷地には、カラフルな花も咲いていて、いかにも南国!って感じですね。



お腹も膨れたんで、バンガローのテラスでビール飲みながらお昼寝。
幸せ~



さて、夜は近くの別のレストランで食事をとることに。
だってガラディナー高いし不味いし要らないですからね。
正装も持ってきていないですし。



お約束のガイパットメットマムアン(鶏のカシューナッツ炒め)。
旨い~!
ということで、2015年最後の夜は更けていくのでした…



部屋に遊びに来たナナフシ君。
(手ブレすいません&個体が小さかったんです…幼体かな?)



お正月。
相変わらず風が強く、波も立っていますね。
でも、どうもこの辺りのサンゴ礁が、島で一番良さげなんで、今日もリゾート前からエントリーしましょう。



とりあえず沖まで来ましたが…
こころなしか、昨日より濁っているような気がしますね。



海の中も、浮遊物がすごく、遠景ではピントも合わせるのが大変です。
(オートだし)



マシなところでこんな感じです。



仕方ないので、近づいて撮れるもの見るしかないですね。



あ、ゴシキエビだ!
(これもピンボケ…)



ということで、早々に引き揚げ、ビールでも飲みましょう。



あ、ドラゴン発見!
全長2mぐらいありそうです。



翌日…
さすがに、このままではらちが明かないので、今日は奮発してシュノーケリングツアーを頼んでみました。
1人参加だとボートチャーターになるんで、高いんだよね~
でも、白人たちは、ビーチでだらだらしているだけで満足みたいで、シュノーケリングとかあまり興味ないようですし…



行先は、ブロンレー島の南の沖にある、あの島の様ですね。



まずは小さい島の方。



この辺りでエントリーするようですが…



船の上からでも浮遊物が見えますね~
というか、経験上ですと、澄んでいる海水は緑じゃなく青いですし。



中は予想通りの濁りようです。
ビーチエントリーとあまり変わりませんね。



一応この辺りは岩場で、そのところどころにサンゴが生えている、という感じの地形の様です。



魚の種類も、ほとんどビーチ前と変わらないようです。



もちろん、スズメダイはもっさもっさいますけどね。



あ、ケヤリムシだ。



さて、気を取り直して、もう一つの島の方に向かいましょう。



この辺りで泳ぐようですね。
この季節?基本北東の風が吹いているようなので、島の西側だと波が少ないんですね。



海の中は…
やはり浮遊物が多いですね。



気持ち透明度は高くなりましたでしょうか?



まあ、シュノーケリングを同じようなところで3日連続でやってるし、だいぶ飽きてきたかな?
魚も大物とか見つけられないですし。



まあ、澄んでいるところもあるんですが、これ位が精いっぱいの様です。



でも、スズメダイだけはもっさもさ…
というか、何でこの種類のスズメダイしかいないんでしょうね。
デバスズメとか見当たらないですね。



ちなみに、リゾート前のラグーンを船の上から見るとこんな感じ。
めっちゃ浅いです。



ということで最後の夜は、昨日と同じレストランで頂きます。
ここ、雰囲気は良いんですよね~
客ほとんどいないけど。



今日のバン飯とビール。
雰囲気も料理も不満は無いんですが…
とにかく蚊が多い!
何匹撃墜したか、覚えていないですが10匹はくだらなかったと思います。



最終日。
もちろん今日は帰るだけです。
最初に往復チケットを買っていたので待っていると、定刻をいくらか過ぎたころに、お迎えのボートが到着。
つ~か、リゾート前のビーチから乗れるなら、なんで行きはここで下してくれなかったんでしょうね。



ということで、さらばブロンレー島!
このタイミングが一番さみしいですよね。
もう少しいたかった~



おまけ。
帰りの便まで結構時間があるので、ハジャイの街で食べ歩き。
まずはこの店。



実は、ツバメの巣、生まれて初めての挑戦なんです。
…あまい。
ココナッツミルクの味なんですね~
そりゃ、ツバメの巣自体に味があるわけでもないですしね。



お次はこちらのお店。



やっぱハジャイに来たらふかひれスープですよね?
安いし。



こちらは別の店の一品。
安いのに、結構まともな形のふかひれ入っています。
旨い!
もちろんこれもスープの味なんですけどね。



Dec./'15
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
正直なところ、海は波が高かったのもあって海の濁りが強く、少し残念なところがありました。
でも、見ての通り、まだあまり開拓されておらず、観光客もあまりいないため、ゆっくりと自然やリゾートを楽しみたい人には最高だと思います。
うるさいのもいないですしね。
さらに言うと、この島はシュノーケリングツアーとかで来るようなところでもないようで、昼に団体客が押し寄せる、ということもなさそうなのもポイント高いです。
(クラダン島とか、昼にツアー客が団体で訪れると興ざめですよね、雰囲気良かったのに)
逆に言うと、田舎すぎて不自由と言えば不自由なんですがね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

  6°49'40.58" N
 99°32'25.36" E



0 件のコメント: