ノンブアウドン旅行編、全13か所の予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

18.2.08

Wat Sakkala / Samut Prakarn

さて本日のメインイベントのワットサッカラ(วัดสาขลา)です。
先のワットプラサムットチェディの前に停まっているソンテオ(8B…2月から値上げしたようです…7Bから)に乗ればあとは1本道です。
どれぐらい一本かというと…こんな感じ。
お寺の周りの集落へは途中から1本道…しかもそこで行き止まりで周りも何にも無さそうです。



ともかくソンテオに乗り、運河を越え、↓川を渡り(笑)…周りの養殖池の水があふれてくるようです。


なんとかサッカラという集落の入り口に到着。
ソンテウはここまでのようなので、歩いてお寺まで移動(っていっても100m程度)。
見えてきました。


写真は手前の橋の上からなんですが、横を見ると…
水上マーケットのような光景が当たり前のように広がっています。
どうもこの辺りではまだまだ舟での移動がメインのようです(集落の周辺だけっぽいですが)。


とりあえず境内に入って一番気になったのがこの塔。
ざっと4度ほど傾いています。
多分地盤のゆるさと基礎工事が皆無なところ辺りが原因と思われます。
近い将来倒れるんじゃないでしょうか?多分。


正面には本堂…2つあるけどどっちでしょうか??
何か工事中のようでそこらへんに資材が置いてあります。


中はこんな感じ…
そんなに変わっていませんがここの仏陀みんな口周りの彫りが深いですね…
隣の本堂のほうは…お坊さんたちが雑魚寝していたんで入りませんでした。
お坊さんは「入っていいよ」って言ってくれたんですけど遠慮しました。


本堂の横には…
これ須弥山表しているんでしょうか?


本堂の裏の草原にはシマウマが戯れています。


こっちはパンダ??そんなに変では無さそうですが何か違和感が…
目が赤いからでしょうか?
鼻の黒が大きすぎるからでしょうか?それとも…
根本的な造形が変なんでしょうか?


さて、本堂の下から怪しい光が見えるので覗いてみると…
う~ん、この産まれた曜日仏は普通なんですが何でしょう、この装飾…
下の台のイルカも怪しさを助長しています。


その横には…怪しい入り口がぽっかり開いています。
これはカーラでしょうか?
ともかく入ってみましょう。


中はこんな感じで一本道のようです。


所々にタンブーンポイントが設置してあるようです。
これは…石でしょうか?
でも霊験あらたかなようで金箔ぺたぺた貼られています。


他にもお坊さんの蝋人形とか、箱庭(滝もあるでよ)とか…よく分からない物が並んでいます。


奥のほうには壊れた仏像が安置されてます。
何でもこの仏像はスコータイ時代のものらしいけど、建物が崩落した時に壊れてしまったらしいです。
上の柱?の残骸もスコータイ時代の物らしい…ってお寺の人らしいおっちゃんが説明してくれました。
でもタイ語だからあまり自信なしです。


こっちの柱?の残骸はアユタヤ時代の物って言ってました。
本当でしょうか?


この仏像のすぐ先には出口らしき物が見えてきました。
でもめっちゃ狭い…かなり屈まないと出られません。
しかし左上の出っ張りはなんでしょうか…


出口のゲートは象さんの体でした…
(タイでは象の下をくぐると運気が上がるらしいです)しかしわざわざこんなところに作らなくても…なんとも窮屈そうです。
出っ張りは…象さんの象さん(ややこしいですね)だったようです。


境内の運河側に、こんな古い建物が建っています。
木造でかなり年季入っていそうです。


屋根のこの絵は…カーラが月を食べているところを表しているのでしょうか?


中を覗くと…
ガラクタ…ではなく、このお寺の骨董品等を展示している場所のようです。


確かに年季入っていそうなものがいっぱい置いてあります。
歴史的価値があるかどうかは分かりませんけど。


でも…やっぱガラクタ置き場じゃない?ここ。
崩落時の残骸を取ってあるのでしょうかね?


ああ、もう3時過ぎだ…帰ろ帰ろ~っと。

Feb./'08
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
いや、結構面白かったですよ。
ベースの歴史を知っていればもっと楽しめたかもしれません。
でも特筆すべき?はやっぱりあの地下通路でしょうか。
日本の”戒壇巡り”みたいです。
マニアにはたまらないのではないでしょうか?でも往復&タンブーンで軽く半日はかかると思っていいでしょう。
近場で最果ての地を感じるにはいいのでは?
ちなみに20番のバスを使うとバンコクから先のプラサムットチェディまで直接来れるようです(終点)。
が、それに乗るにはトンブリロータリー(ウォンウェンヤイ)まで行く必要があります。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
13° 32'43.18" N
100°30'02.39" E


View 変スポ in a larger map

5 件のコメント:

謎コメンタ さんのコメント...

近場だけど、遠くに来た感じでしょう。お経の歌も流れていたりして。途中の水郷の河には船タクシー(?)が行き来してるし。
 もっと近いところで秘境と云えば、バンコクのデペソ(?)、13°40′45.83″N 100°34′34.90″E 、ここではないでしょうか?
 何も無いけど、緑が豊かです。水上マーケット・サイクリングとも書いてますね。

謎コメンタ さんのコメント...

近場といえば、もひとつ。クレット島13°54′25.51″N 100°28′48.85″。貸し自転車で島内を一回りできるそうです。モン族の島らしいです。

マレーンポー さんのコメント...

Googleアースで見たときは畑ばかりかと思ったらみんな養殖?池だったんですね。
すごい光景でした。
バンコクのデベソ?はすごいですよね。
たまにメガブリッジ?から眺めると…勿体無いな~なんて思います、土地が。
でも多分湿地なんでビルとか作るのに適していないんでしょうね。
クレット島はタイに来た当初連れて行ってもらったことがあります。
陶器と傾いた塔がポイントですね。
お寺の境内には簡単な骨董品の展示場もあった記憶があります。
(画像は…取り忘れてありません…orz)

謎コメンタ さんのコメント...

デベソはパパデンから入れるのですが、普通の住宅地です。良い所ですね。近場で良い場所、教えてください。

マレーンポー さんのコメント...

う~ん難しいですね~
自然系ならナコンナヨック辺りに行けばいくらでもありそう(ってかそれ以外ない)んでけど。
サムットソンクラームの河口にある”ドーンホーイロート”なんかは一度行ってみたいところです。
ただ、自然…というにはカニ料理貝料理の店がいっぱいありすぎるようですが。