祝!1900スポット!
何もないけど。

ムーン川を見守るように立っているナーガが魅力の、ワットパーパークドームで、1900スポット目になります。
正確には記事数なんですけどね。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

21.6.19

Phu Pa Hang Daeng Ariya Tham (Mo) / Ratchaburi

さきほどの大涅槃仏像寺から北上、ようやくラチャブリ県に入ってきました。
といっても、まだ県境の側ですけどね。
そんな辺鄙なところにも、ちゃんとお寺があるんですね~さすがタイ。
名前は…プパハンデーンアリヤタム(モー)(พุปะหังแดนอริยธรรม(โม))でいいのかな?門に書いてあるし。



門の脇を固めるおっちゃん。
は置いといて…



なぜ足元に髑髏の山が…



いや、タイだからガローク(กะโหลก)の山が…
かな?



相方は未完成の模様。


それで、この門に巻き付いているナーガ君なんですが…



なかなかかっちょええよ!
逆光気味だけど…



では、門をくぐって…



コブラ女と…



コブラ男。
いや、こういう姿を見ると、どうしても、ネオインド代表のコブラガンダムを思い浮かべてしまう…



一応順光側から、さっきのナーガ君をもう一度。
巻き付き方がエグイですな~



アップ。


…まあ、こいつらは所詮前座ですよ。



やっぱ気になるのは、正面のあれですよね~
いやいや、落ち着け、落ち着け…



とりあえず、左手の仏塔を観察しましょう。
って、これどうなってるの?
下がスカスカの土台の上に立っているってことかな?
つ~か、ここから行けない?



とりあえず、手前の観音様…



だよね?多分。



では、先ほどの9首ナーガ君を眺めつつ、奥に向かうとしましょう。



ということで、ぐるっと回って、仏塔の側に到着~
…小っさ!



そして、足元頼りないっ!



装飾はまあ…
ぼちぼち頑張ってるかな?
このサイズの割に。



中は…
なんでしょうね、真ん中のアレ。
最終的に、天上天下君が立つのかな?


仏塔のところから、境内を眺めてみました。
あっちにもいろいろありますね~



一応動画でも。
後で行ってみましょう。


ま、ともかくまずは彼を愛でると致しましょう。



うぎゃ~



うん、かっちょええですな。
そして、この横に無理やり9つの首を並べるという力技にも感激しちゃいますよ。



あ、まだ作りかけなのかな?
まあ、今は植木を運んでいるだけみたいですが…
え?
この裏の山にガネーシャがいるって?


でもね~
これ登りたくないよね~
え?
たーれっくさん、登るの?楽勝?
う~ん、仕方ないにゃ~



なんか竹というか笹というか、こんなのが結構生えているんですね。



ぜぇぜぇ…
あ、あったよ。



なんかナーガの飾り物に囲まれていますね。



アップ…
ピントが甘い…



一応ハツカネズミ君達もいるよ。



え?
たーれっくさん、そっちも行くの?


まあ、後は大したものありませんでしたが…
多分。
写真これだけしか撮ってなかったし。



景色は…
残念でした。



では、改めまして、境内の残りのエリアを見ていきましょうかね。
この9首ナーガ君の左手には…



こんな光景が広がっています。
山際の部分は、まだまだ造成中のようですね。
さっきの植木は、あそこに運んでいたようです。



2体とも、ぼちぼちな大きさかな?



茶色袈裟の人。


その足元には、彼もいましたよ。



それでですね…



ここから上に行けるみたいなんですが…
って、すでにたーれっくさん、登ってるし。
でも、めっちゃナーガ君の胴体、邪魔じゃない?



茶色袈裟の人のそばまで行けるんですね。



正面側から…
これ以上後ろに下がれないんです。
柵も何もないし。



門の方の眺め。



で、9首ナーガ君方向。
この胴体のウネウネ感が、チャチくなくて良いね~良いね~



あれ潜るんですよ…
めっちゃ屈まないと通れないし。



さてっと…



実はさっきの立像エリアから、こちらの下のエリア、高さが違うんで、直接降りられないんですよね。



分かります?
一段低いんですよ。
もうちょっと動線とか考えてほしいものですが。



あ、プララーフーさんだ。







あ、ちょっとかわいい。



リアル仙人さん。



ええっと、こちらは…


小ぶりな奴等ばかりですね。
建物のサイズ相応ですけど。



でも、結構派手派手ですね~



これ、宝石?
こっちの方は、ミャンマーの宝石とか入ってきてそうだし…



後は…
う、お犬様に睨まれてしまった…



この、魚に乗ったのはどなたでしょうか…



ワンちゃんの目を盗みつつ…
ここの仙人像、みんなリアル系ですね。



しかもみんな彩色無しで…
カッコイイから良いけど。



この位置からの、先ほどのエリアの眺め。
このコンパクトなエリアに、ギュッと詰め込まれているってわけですよ。



あとは…



ここは?



まあ、こんなものなのかな~



しかし、何にもないですな~



そして、お犬様がいっぱい…
騒がれないうちに撤収するとしますか。



Dec./'18
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
やはり目玉はセンターに居座る、9首ナーガ君ですよね。
これだけでも見に行っていいかな?
取り巻きの人達も、それなりに見ごたえありますしね。
まだ、作りかけで、将来性もばっちり。
ただ、9首ナーガ君以外は、パンチないんですね~
9首ナーガ君も、もう少しデカかったらよかったんですが…
無いものねだりかな?

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°17'60.0" N
 99°40'04.9" E



0 件のコメント: