Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

17.3.20

Wat Mai Khlong Sa Bua / Ayutthaya

ワットナープラメーンの南東200mほどのところにも、遺跡があるらしいのですが…



これ、どうやって入るの?
めっちゃ草が生い茂ってるじゃんwww



う~ん、どうしたものかな?



ということで、無理やり藪漕ぎしてきましたよ。
ちょっとコブラ怖かったけど。



内部は…
まあ、確かに北側から入って来たけどね。
つ~か、このお堂、南向きなんですね。


改めて、南側からの内部の様子。
まあ、小さなお堂ですな。



須弥壇の仏像達。
なんで仏陀の生首が安置されてるんでしょうね。



こっちは、南側、入り口側の様子。



あっ、本堂(อุโบสถ)って書いてあった。



そして、こっち(南東側)からなら、もう少し楽に入れたのね…
分かるか!



説明書き発見…




藪に入る気もしんけど、遺跡の名前のタイ語の部分、読めんじゃん。



と思ったら、看板もあったよ。
ワットマイクローンサブア(วัดใหม่คลองสระบัว)だって。
ちなみにクローンサブアってなんだろうと思ったら、この辺りの地名なのね。



Aug./'19
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
遺跡へのアクセスもかなり大変ですが、実際に遺跡に入るのはもっと大変…
つ~か、入り口どことか書いておけよ~
これ、初見で入り口が脇道の先にあるなんて気づく人いるの?
まあ、どちらにしても、大した遺跡でもないですし、私みたいに遺跡全コンプとか目指そうなんていう奇特な人以外は縁のない遺跡ですね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°21'42.2" N
100°33'37.7" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: