Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編、始まりました。
予定通り、再訪ばかり…
再訪10か所+新規2か所を予定していますので、お楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

6.3.20

Wat Khok Phraya / Ayutthaya

某地〇の歩き方などにも載る程度に有名な仏塔、プーカオトーンのすぐ側にやってきました。
いやね~、この民家の裏に遺跡があるって聞いたもので…



ああ、ありましたよ。
ワットコークプラヤー(วัดโคกพระยา)だって。



ごめんなさ~い、お邪魔します。
いや、すぐ脇に、普通に住人いるし。



しかし、完全に埋もれちゃってますね~



どうやって中に入るんだろう…



あ、説明看板発見。
ええっと、王族の処刑場?
夜、幽霊とか出そうですね…
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



まあ、草の少ないところを探しつつ、頑張って奥に行ってみましょう。




ようやく奥の遺構に到着しましたよ。



う~ん、結構修復整備されてない?
ただ単に、メンテしてないだけなのかな?



結界石?



須弥壇かな?
仏像の山あるし。



正面から。





せっかくご尊顔の一部、修復してるのに、なんで体は放置なの?





まあ、こんなもんですか。



Aug./'19
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
何とも分かりにくいところにある遺跡ですね。
しかも完全放置なのか、草生え放題ですよ。
まあ、確かにこんなところに来る観光客は皆無でしょうけどね。
タイの歴史的には、当時の王室関係の遺跡で貴重なのかもしれませんが、そういうの抜きに見た場合は、ぶっちゃけ微妙だよね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°22'23.0" N
100°32'24.7" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: