Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

4.3.20

Wat Maha Saman / Ayutthaya

ワットプラガームの南にも、なかなかの仏塔を擁する遺跡が見えるのですが…



お堀に囲まれて、近づけないよ…
どうやって行くのかな?
とりあえず、遺跡の名前は、ワットマハーサマン(วัดมหาสมัน)です。マハーの名を冠しているので、それなりに格式のある遺跡なのかな?



ということで、ぐるっとウートン道路側から周りこんで、さらに通っていいのか分からないところをすり抜けて、ようやくたどり着きましたよ。
(謎のパイプラインの下を潜ってきました)



あっ、なんかかっこいい!



そして、めっちゃ暑いんだけどね…
汗ダクダクですよ。



ということで、正面側に周りこんできました。



ん?
これ、もしかして結界石かな?



確かに同様のものが並んでいますね。
ってことは、本堂ってことですかね。



じゃあ、改めまして、お邪魔しま~す。



本堂奥には、お約束の仏陀の残骸を固めて置いてあります。






こんなけパーツがあれば、頭部以外組みあがるんじゃない?



で、後ろの仏塔。



この辺のパーツ、オリジナルだと信じたい…



どうなんでしょうね。



Aug./'19
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
名前は凄いんですが、実際の遺跡は、まあ普通ですね。
そして、めっちゃ行く道がわかりにくいのも、マイナスポイント。
ぶっちゃけ、藪漕ぎじゃないけど、道じゃないところ行かないとたどり着けんよ…

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°20'40.4" N
100°32'44.6" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: